ヘルニア持ちのロードバイク記録

ヘルニア持ちのロードバイク記録

ヘルニア持ちのロードバイク乗りです。尾根幹とZwiftで主に練習してますが、活動記録を載せます。

【ロードバイク】Goproで長時間撮影するために【外付けバッテリー】

先日参加したツールドひたちなか100kmでGopro撮影を行いました。

第22回 ツールドひたちなか 2018 100km男子7位 Full動画 - YouTube

100km完走にかかった時間は2時間30分

通常、Goproは1時間30分~2時間ぐらいしか撮影できないので、

今回はモバイルバッテリーで充電しながら撮影しました。

それについて紹介します。

 

見た目はこんな感じ

f:id:yuya226:20180620234927j:plain

(このときはたまたまサイコンを2つ付けてます)

バッテリーとカメラ部分にアップすると

f:id:yuya226:20180620234939j:plain

これが現状いちばんスッキリとしてます。

 

用意したもの

▼GoPro本体 

【国内正規品】GoPro アクションカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW 

 最近はソニーのアクションカムを使う方も多いですが、私は見た目がカッコいいGoproを使っています。

▼SDカード

SanDisk microSDXC Extreme PRO R:100MB/s W:90MB/s SDSQXCG-128G V30 Class10 U3 サンディスク

  Sandiskを強くオススメします。他のSDカードだと途中で撮れなくなることがよくあります。

Anker PowerCore 5000 (5000mAh 最小最軽量 スティック型 モバイルバッテリー)

 筒状のモバイルバッテリー。いろいろ調べましたがこれが容量が多く、小型です。

▼ Bikeguy バイクライトホルダー(ライト別売り)

ライトホルダーですが、筒状のものなら何でも良いので、モバイルバッテリーを固定するために使用します。

AXYO Type-C  ケーブル 20cm USB-C  長さ20cm ブラック

モバイルバッテリーからGoproを充電するために必要なケーブルです。

20cmを購入しましたが、15cmでもギリギリ行けそうです。(多分)

 

REC-MOUNTS トップキャップマウント タイプ1 Top Cap Mount for GoPro(ゴープロ)HEROシリーズ用 ステム/前方撮影に [REC-B09-GP]

カメラマウントです。ハンドルや手が写りますが、個人的に臨場感があって好きなアングル

 

 

モバイルバッテリー取り付け

先程のものを用意すればほぼ完成です。

まずはライトホルダー

f:id:yuya226:20180620234723j:plain

中身はシンプル

f:id:yuya226:20180620234734j:plain

ハンドルに取り付ける部分はゴム製になっているので傷つきにくいです

f:id:yuya226:20180620234848j:plain

丸型なので、エアロ形状の平べったいハンドルには取り付けられなさそうです。

実際にハンドルに付けて、モバイルバッテリーを取り付けてみると

f:id:yuya226:20180620234959j:plain

非常にスッキリ

ライトが付いてる状態と変わりありません。

見た目以上に固定力があるので、モバイルバッテリーがスルって落ちることはまずありません。レースでも数回使用しましたが、ガタガタ道を40kmで走行してもズレることはありませんでした。

 

因みに、Ankerのモバイルバッテリーはかなり使い勝手良いです。

f:id:yuya226:20180620234653j:plain

非常にコンパクトなので、普段使いもできそうです。

因みにAmazonでは3000mAhと5000mAhは同じ価格だったので、5000mAhをおすすめします。

 

 

 

Goproの取り付け

Goproを取り付けられるマウントは数多く出てますが、私が好きなのはトップチューブからの映像

ハンドルと両手が見えるので、走行感・臨場感がある

f:id:yuya226:20180622085003j:plain

マウントはREC-MOUNTS のトップキャップマウントを使っています。

レックマウント社にしては安め?

 

取り付けるとこんな感じになります。

f:id:yuya226:20180620235008j:plain

 

走行中はこんな感じに見えます

f:id:yuya226:20180620234910j:plain

ごちゃごちゃしてるようですが、そこまで気になりません。

サイコンもしっかりと見えますし、富士ヒル用に貼っていた参考タイム表もパッと見で認識できます。

唯一、姿勢を超低くしてエアロっぽく走るときはカメラが邪魔になります。

 

 

その他いろいろ

基本的には、モバイルバッテリーとカメラ取り付けて、それらをケーブルで繋げば完成です。至って簡単です。

数回使用して気づいたことや、その他情報をまとめます。

 

撮影中の充電供給システムについて

モバイルバッテリーとカメラを接続すると充電を自動的に開始します。ただ、撮影中は充電ではなく、電源の供給になります。Goproのバッテリーではなく、接続されているモバイルバッテリーから先に使用し始めます。モバイルバッテリーの充電が完全になくなってから、Goproのバッテリーを使用し始めます。

5000mAhのモバイルバッテリーをフル充電して2時間30分使うと、大体3分の1くらいの容量を使います。もちろんGoproの充電は100%のままです。

Goproのバッテリーが1220mAhで2時間弱使えるので、モバイルバッテリー 5000mAh + Goproバッテリー 1220mAh = 6220mAhで10時間ぐらい使える計算になります。(多分)

現実的には8時間くらいかもしれませんが

そんだけ取れれば充分でしょう。富士チャレ200kmも全て撮れそうです。(熱との戦いになりそうですが)

 

SDカードについて

撮影時間と画質に合わせた容量を使えば良いと思いますが、私の場合は1080pの60fpで2時間の動画を撮ると30GBぐらい消費します。

それと必ず、Goproが推奨しているSDカードを使用してください。

動作保障されているmicroSDカード一覧|カスタマーサポート Q&A よくある質問と回答|GoPro(ゴープロ)日本総代理店タジマモーターコーポレーション

前に安いSDカードを使っていたのですが、途中で動画がきれたり、Goproが止まったり、SDカードを認識しなかったりとトラブル多発でした。

私は今、ちょっと高いですがSanDisk のExtreme PROを使っています。これに替えてからトラブルは一切ありません。もっと早く替えておけばと後悔しました。

 

Goproケースについて

私が使ってるのはGopro hero5なんですが、純正品のケースはおすすめしません。というより、(確か)充電しながら使えません。充電キャップが開かないようになっているので、他のケースをおすすめします。

非常に安く売ってるので買っておきましょう。例えばこれとか

 

Goproの固定

マウントに取り付ける部分はかなりしっかりと締めておきましょう。

Goproは意外に重たいので、手で締めるくらいだとすぐにずれてしまいます。

Gopro用のレンチを使って、強めに締めましょう。

(思いっきり締めすぎるとマウントが割れちゃうので適度に強く)

200円くらいで売ってます。

ノーブランド品  プラスチック製 レンチ GoPro Hero ネジ 締め付け ストラップ付 - 黒

 

動画編集について

Virb Editが最強です。時間はかかりますが、とても簡単に車載動画を作れます。

リンク:VIRB Edit | アプリ | 製品 | Garmin | Japan | Home

 

課題

改善したいなぁと思う部分もあります。

雨対策

充電中はキャップが開きっぱなしで防水機能がなくなるので、雨のレースとかどうしよう。。。

 

エアロ形状のハンドルに取り付ける

今の状態だと丸型ハンドルにしか取り付けれらないので、工夫をしないといけないですね。

かっこいい動画を作る

これは永遠の課題になりそうですが

 

今後やってみたいこと

ジンバルでの撮影

超安定した動画です。

ロードバイクにジンバルを取り付けるのはちょっと現実的じゃないけど、どういった動画が撮れるのか気になる

 

 

激安カメラ

カメラを前後に付けようとすると2台必要になります。Goproもう一台はお金的に厳しいので、激安カメラ いわゆる中華アクションカメラを買って試してみたいです。

 

撮影箇所を増やす

遊び用の撮影部分を増やしたいです。

何気にまだヘルメットはやったことがない

 

ドローンも良いかもな

実は2ヶ月前にドローン買って遊んでたんですが、最近はほとんど使用していません。

またつかってみようかな

 

ついでに360度カメラも気になる

 Gopro Fusionを付けて撮ってみたいw

【国内正規品】GoPro Fusion CHDHZ-103-FW

【国内正規品】GoPro Fusion CHDHZ-103-FW

 

 

 

物欲がとまらない。。。w 

 

 

日本のAmazonで2018年上半期に自転車カテゴリで一番売れたモノトップ20

Amazonが2017年11月13日~2018年4月30日の期間で売れたモノトップ20をカテゴリ別にランキング形式で発表しています。日本の自転車業界でどんなものが売れているのか見てみたいと思います。

Amazonランキング大賞2018上半期 | 自転車 | スポーツ&アウトドア | 通販

実際に私が買ったことがある製品も含まれております。

 

ちなみに全カテゴリのランキングはこちらから

Amazonランキング大賞2018上半期

1位~10位まで

自転車を管理する上でほぼ必須となるモノが多いですね。

ただ、なんでそんなにこれが売れるんだろ?と疑問に思うものも。。。

 

▼1位:バイク ダイヤルロック ワイヤーロック 自転車ロック 長1200mm 横断面直径12mm 5桁 防盗

f:id:yuya226:20180601164106j:plain

自転車カテゴリ第1位がこのワイヤーロック

なかなかの高評価

特に不具合も少なく、ロック性能も高く使い勝手も良さそう

バイクに付けれるのが売れている理由の1つみたい

 

個人的には、ちょっと大きいのでロードバイクにはそこまで向いてないかなと思います。ロードバイクなら、これくらいの小さいロックで充分かと思います。

もしこれで盗まれるなら、どんな状態でも盗まれるだろうと思っています。笑

 

みんな安全第一ということで堂々の第1位でした 

 

 

▼2位:ブリヂストン(BRIDGESTONE) 空気入れ スマートポンプ PM-501 ブラック A402223BL SG規格 英式トンボロ

f:id:yuya226:20180606233917j:plain

 ママチャリ用の空気入れ

売れてる理由としては、安さとブリヂストンというメーカーの安心感

 

ちなみのこの空気入れは、ロードバイククロスバイクなどには使えないので注意 (仏式) 。これもさっきのと同様に、一般自転車用のアイテムですね。

 

ロードバイク乗りなら、仏式と空気圧計が付いてる空気入れが必要になります。

たとえば、パナレーサーの空気入れなど

 

空気入れは自転車使う上で必ず必要になるので、売れて当たり前ですね。

 

▼3位:キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト HL-EL140 JIS前照灯規格適合品 ブラック

f:id:yuya226:20180606233956j:plain

このライトは私も使ってました。

安いし、キャッツアイという自転車では有名なメーカー品なので

単三電池で動くタイプになります。

ただ、光量はあまり強くないです。電池もすぐに無くなります。

 

夜に、街頭が少なく暗いところで走る時にはこのライトだけでは不十分かと思います。

地面を充分に照らす程の光量はありません。

ただ、点滅させることで自転車の存在を運転手や歩行者に知らせることができるぐらいの光量はあります。

 

ロードバイク乗りなら、せめて200ルーメンくらいあるこれが良いかと思います。

お金に余裕がある方なら、もう1つ上の段階の400ルーメン800ルーメンが良いですね。

 

▼4位:パナレーサー(Panaracer) タイヤレバー PTL 3本セット

チューブ交換に出必要なタイヤレバー

やっとロードバイクらしいものがでてきました。

ホントは手でタイヤの締め外しができればいいのですが、実際きついことが多いので常に持ち歩いてます。

強度的にもなかなか強く、折れることはなさそうなので満足です。

 

▼5位:自転車ホルダー バイクスマホホルダー GPSナビ スマホ固定用マウント [1年間の保証]

ロードバイクなどに付けるスマホホルダーです

数あるスマホホルダーの中でもこの商品は、安く落ちにくいとのことで売れているみたいです。

ラチェットで固定するらしく、見た目以上に頑丈に固定されそうですね。

ケータイをサイコンやナビ代わりに使う方には必須アイテムですね。

私も家でローラー台に乗るときはスマホホルダーを使用しています。

 

 

▼6位:Ohuhu 自転車カバー サイクルカバー 厚手 210D オックス製 生地 防水 破れにくい 防犯 防風 UVカット 29インチまで対応 収納袋付き

外で管理する時に使う自転車カバー

基本ロードバイクは室内で管理することが多いかと思いますが、ベランダなどで管理する時に役立ちそう

ロックをかける穴があったりと利便性も高い

予想以上にコンパクトになるので、使わなくなっても邪魔にならないのでいいですね。

ただ、私は家の中でロードバイクを管理しているので使う予定はなさそうですが。。。

 

▼7位:ATARAXIA 自転車ライト 1200ルーメン 2000mah USB充電式 ヘッドライト IP65防水 テールライト付き Black

なんと1200ルーメンのライト

レビューを見ると200~400ルーメンぐらいの光度らしいです。

この価格でそれくらい明るければ充分ですね

充電式なのでバッテリーが無くなったら終わりですが、3位のライトよりは明るそうな印象

因みにテールライト付き

付けれるハンドルの太さが決まっているので、それは注意しておきたいですね

(取り付けられる直径範囲は40mm~20mm)

 

▼8位: キャットアイ(CAT EYE) テールライト OMNI5 TL-LD155-R 電池式 

ライト続きで、こちらはテールライト

私も一時期使用していましたが、シートポストの形状が合わずよく落ちました。

エアロ系の自転車使ってる人は注意です。

これは単4形乾電池2本で動くのですが、あまり明るくありません。運転手からした見えにくい光量かと思います。もうちょっと光量があるライトのほうが安心かなって気持ちですが、この製品のコスパは良いと思います。

 

▼9位:シマノ ブレーキシューセット M70T4 BR-M530他適応 Y8BM9803A

クロスバイク用?のブレーキシュー

雨天時の制御が強く、減りのスピードが遅い特徴がある製品です。

ママチャリにも使えるのかは不明ですが、V字型のブレーキシューなら使えそうな

対応モデルはこちらみたいです。

▼適応モデル:BR-M760、BR-M750、BR-M739、BR-M737、BR-M600、BR-M580、BR-M570、BR-M530、BR-M510、BR-M432、BR-M431、BR-M430、BR-M422、BR-M421、BR-M420、BR-M330、BR-T660、BR-T300、BR-MX70、BR-MC18 

 

 

▼10位:2本セット (コンチネンタル) Continental チューブ Race28 700×20-25C (仏式60mm) [並行輸入品]

 私もよく使っていたロードバイク用のチューブです。

レビューもなかなか良く、価格もそこまで高くないので使い勝手がいいです。

 バルブが60mmと長めなので、リムが高くても問題なさそう

リム50mmまではギリギリ使えると思います。

ただ、少しでも安く購入したいという方はWiggleで買ったほうがちょっと安いです。

因みに私はLifeLineという激安チューブを使ってますが、特に問題なく使用できています。

 

1位~10位まで
ロードバイクで使われるものもありますが、基本的にはママチャリやクロスバイクでも使われる製品が多いです。

1~10位と同様に、なんでそんなにこれランキングにあるのと思うものが多いです。

 

▼11位:ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) ダイヤルコンボワイヤーロック DKL101-BK パスワード自由設定型 全長650mm

1位と同様なチェーン

チェーンはダイヤルロックにかぎります

ただ、このチェーンは自転車につけることができないので、持ち運びがちょっと大変そうですね。

 

▼12位:Oture 自転車 サドルカバー 低反発クッション 革新的なテープクロス式 全くズレない超肉厚

サドルカバー

固く小さいロードバイクのサドルでも、これを付けると痛くなくなる

ただ安いやつだとずれることがおおく、不快

これはずれないとのことなので、ちょっと欲しいw

私は通勤でたまに普通の短パンにサドルカバーを付ける時があるので、使えそうなアイテムです

 

▼13位:Zenoplige グローブ 手袋 アウトドア 自転車 スポーツ サイクリング バイク 登山 トレッキング 防水 防寒 防風 防雨 タッチパネル対応 滑り止め付き メンズ 秋冬用 裏起毛 保温 通勤 通学 男 作業用

 防寒用のグローブです

スキーやバイクなどでも使えるらしく、なかなか厚そうな素材

非常に安いので試しに買ってみるのは良さそうだけど、あまり評価は良くないですね。冬のロードバイクで手袋は非常に大切なので、やはり良いものを買うのが良いと思います。

 

▼14位:SyuuYou 自転車カバー 防水 撥水加工UVカット 風飛び防止 破れにくい190T サイクルカバー 収納袋付き 29インチまで対応

6位に続き自転車カバー

これってそんあに需要あるんですかね。

家で保管できない、しない人には確かに必要なものだろうと思いますけど、

普段の生活であまり見ないのでランキングに入ってることにちょっと驚き

 

▼15位:自転車ライト テールライト付 TaoTronics USB充電式 ヘッドライト 700ルーメン LED IP65防水 50mを照らす明るいライト 強/弱/フラッシュモード 【一年間安心保証】 TT-HP007 (黒)

ライトです。

評価もよく、テールライトもついてこの価格は安い

後は耐久性が気になるところ

 

▼16位:パナレーサー(Panaracer) 携帯空気入れ ミニフロアポンプ BFP-AMAS1 仏式/米式/英式バルブ対応 フットステップ装備

こちらは小型の空気入れ

注意してほしいのは、これをメインで使おうとしないこと

メインの空域入れとして使うことは現実的じゃないです。空気入れるの嫌になるくらい大変です。本当に緊急用として使う空気入れですね

ただ、個人的にはブリヂストンの空気入れのほうが絶対におすすめです。

 

 

▼17位:自転車用AZチェーンルブ ロードレース用50ml B1-004

 チェーンのメンテナンスで必須なルブ

非常に安い

私も昔使っていました。とくにこだわりなければこれでもいいのでは

キュルキュルと音が鳴る方は一度使ってみてください

 

▼18位:キャットアイ(CAT EYE) 533-8827 H-34 フレックスタイトブラケット (直径22.0-32.0mm) 533-8827

なかなかマニアックな商品

キャットアイのライトを取り付けるホルダーです。

一部パーツが紛失しちゃう人向けでしょう。

ただこれがランキングに入ってることが驚きです笑

 

▼19位:エーゼット(AZ) 自転車用メンテナンススタンド KF202 折りたたみ式

 ロードバイク用スタンド

これもランキングにいることが不思議な商品

ただ、これって意外に使いにくいんですよね

両手使わないといけないし、はめるのにちょっとコツと力が必要

サッとかけることはできません。

何度も出し入れする人はMINOURAの ディスプレイスタンドがおすすめ

 

▼20位:BV(ビーブイ) 自転車ヘッドライト 防水仕様 USB充電式 クールホワイトLED ハンドル取り付け型

20位はライト

ライトは人気ですね

これはちょっと安め

明るさはちょっと弱めだけど、評価はなかなか良いです。

 

 

所感

様々な人が買った自転車用品ベスト20を見てきましたが、

特に思うことは 売れてる商品≠良品 ということ。

こんなに売れたものを紹介しといて言うのもあれですけど、なんでこれがランキングに入ってるの?と思うものもしばしば(むしろそう思うものが大半)

 

やっぱり売れてる商品はどんどん売れたり、売り方がうまいのかもしれないですね。

同じ金額で良品が欲しい人は、しっかりと調べて買う必要がありそうです。

(いや、ホントにこれだけ紹介してきて言うのも変な話ですが)

 

普段からロードバイクの製品に触れる機会が多いので良い製品、悪い製品わかりますが、他のカテゴリの商品をAmazonで買うときは気をつけよう

 

今度は、ランキングぎゃなくて本当に使えるものを紹介したい。。。

 

 

LTトレーニングは時代遅れ? 今はL5トレーニングがアツい

富士ヒルも終わって、コツコツやっていたLT(FTP強度)強度のトレーニングもちょっと一段落

これまでは週に2~4回はZwiftでFTPトレーニング中心だったので、富士ヒルには非常に役立ちました

 

1年間コツコツとSSTFTP強度トレーニングを積み上げてきたので、そろそろ次の段階へ

そう、もうSSTは時代遅れ!!!w

 

 

ということでL5領域

すごく苦手な領域

L5,L6ってほとんどトレーニングしたことないから、その領域で走ると脚がびっくりしちゃう。心拍も一気に170いっちゃう

これからはヒルクライムではなくエンデューロ系に出る予定なので、L5,L6はしっかりと鍛えておきたい。

(むしろL4のトレーニングに時間割きすぎた感もある。。。w)

 

The McCarthy Special

L5と言ったらこれ

f:id:yuya226:20180619235706p:plain

過去に一時期挑戦してた時があるけど、基礎体力が備わっておらずあまり意味のないトレーニングで終わりました

 

ということで久しぶりにトレーニング

はっきり言ってかなり辛いです。

特にL6に近い領域の3分間はツラすぎる。。。

FTPの125%強度で3分間

久しぶりの挑戦はもちろん失敗に終わりました

f:id:yuya226:20180619235920p:plain

強度と時間的にはそこまで難しいトレーニングに思えないんだけどな。。。

私はやっぱりLTを超えた領域はホントに苦手みたい

 

これから少しづつ積み上げて完走できるようになりたい

 

 

クリスクロス?

L5をやると言っても、SSTトレーニングも続けたい

それならクリスクロスで良くない?と思った

 

クリスクロスは、

・30秒間FTP120%
・120秒間FTPの90~100%

このセットを8回繰り返す

またその8回をを2回繰り返すw

合計16セットw

 

聞くだけで辛そう。。。

やっぱりThe McCarthy Specialから先にやります笑

 

 

 

 

 

【激しいレース】川崎マリンエンデューロ2018 2時間ソロ 9位 

本日、川崎マリンエンデューロ2時間ソロに参加してきました。

ツールドひたちなかに比べると参加費も場所も近いので、なんとなく気軽に申し込んでみた大会

私の結果も内容も非常に微妙なレースでしたが、2時間頑張って走ってきたのでレースレポします。次回走る人の参考になれば

f:id:yuya226:20180618120800j:plain

 

川崎マリンエンデューロ2時間 ソロ9位

  • 走行時間: 2:00:17
  • 距離: 80.15 [km]
  • TSS™: 173.0
  • IF™: 0.93
  • 平均心拍数: 160 [bpm]
  • 平均パワー平均: 261.1 [W]
  • 平均ペダリング効率: 41.0 [%]
  • ダンシング率: 2.3 [%]
  • 平均気温平均気温: 25.4 [°C], ほぼ無風

今年は2時間ソロ120人

2時間ソロ40オーバーは60人

私は2時間ソロの出場です。

目標は6位以内の入賞でしたが、実業団で走ってる方もちらほらいたので最低上位10%(12位以内)としていました。

結果は9位でギリギリ目標達成しましたが、レース内容はそれはそれはヒドく全く思い通りのレースができませんでした。

それでも、無事故でレースを終えられたのが一番良かったです。

レース中に危ない走行も多々してしまったので迷惑かけてしまった方すいません。。。(川崎マリンのコースはカーブが怖かった)

それにも関わらず、車載動画をアップしますw

川崎マリンエンデューロ2018 2時間ソロ 9位 - YouTube

youtu.be

 

レース前

前日にYoutubeで去年のレースを確認

コース幅の狭さにびっくり。。。

去年は雨が降っており落車祭りだったらしく、そうとう辛いレースだったみたいです。

 

 今年は午前中曇り空だったのですが、レース開始のお昼からはほぼ快晴

太陽も出てきて汗ばむほどでした

レース前はパン、おにぎり、団子、BCAAを摂取

3時間のレースを見終えてから試走

試走からそのまま整列なので、試走は早めに行ったほうが前にいけます

みんなそれを狙ってか、試走でも200w程度となかなかの強度。。

私は前から20~30番手でスタート

 

レーススタート

先に5時間の人がスタートしてから、2時間はローリングスタート

半周過ぎたあたりでリアルスタート

始めはみんな活発で落車が起きやすいので極力前の方で走る

それにしても道が狭くガタガタ

コースの一部は幅がかなり狭くなっており、2列走行しなければならない部分もあります。

 

20分ぐらいでスピードも落ち着いてきましたが、それでも集団は50名以上はいたと思います。一瞬でも気を抜いたら集団後方へ。。。となりかねない状況

と思っていたらいつのまにか30~40番手

ここらへんってコーナー立ち上がりで強いインターバルかかる上に、接触が多く苦手な場所。。後方から速く抜け出したいなぁと思って走っていると、直角カーブでインに入りすぎて人と接触しそうになる。後ろの人の急ブレーキで事なきを得ましたが、「アブねぇ、バカチンが!!!」と怒鳴られました。。。ごめんよごめんよ。それにしてもバカチンって。。。(´;ω;`)

 

そんなこんなで大集団のままレースは1時間経過

この頃になると集団に疲れが見えてきてスピードが落ちる

私もなんだか疲れてしまって、「このままレース止めて冷たいもの飲みたいなぁ」とか考えるように。もう先頭集団から離脱しようかなと何故か気持ちが弱くw

これ後1時間走れるかなぁと考えていると、残り30分とのアナウンス

どんだけボケーとしてたんだ!!と思い、前方にでる

 

レース終盤

今回はあまり前を引くことができず、直線で前に出てカーブ後の立ち上がりでみんなに抜かれる > 直線で前に出る ...を永遠に繰り返していました

落車も怖いし、出場してるメンバーもなんだか怖いので前から10番手ぐらいをひらひら

ラスト10分ぐらいから徐々に集団が殺気立ってきて、位置取り合戦

もうこの位置取り合戦の激しいこと

これマジで落車起きたら終わるなと思いながら恐る恐る走ってました

 

ラスト一周になり一気に加速

この時点で私は15~20番手

なんだか全く勝てる気がしないと思いながら直線で前を追いかける

直線でちょっと落ち着くが、ここで先頭から5番手ぐらいにいないと入賞は厳しい

前に出たいがなぜが脚を緩める(なんでだ自分w)

多分今まであまり先頭を走っていない申し訳無さと、先頭に出るからにはしっかりとスピードを落とさずカーブを曲がれる自信がなかったから

1週5kmの折り返し地点でもまだ15番手ぐらい

ここで、入賞争いはかなり厳しいことを悟る

残り半周のところで気持ちが完全に負けモード

それでも最後まで走ろうと思い、踏む

最後は申し訳スプリントでゴール

f:id:yuya226:20180618120820j:plain

 

一番の敗因は気持ち

ラストはテンションが上げれず、まだ半周あるのに負けても良いやと思ってしまった。その時点で完全にダメ

もう一つは位置取り

ラスト1週に入る前からしっかりと5番手以内に入りいつでも反応できるようにしとくべき。ただ、今日のレースでの活躍が全く無い自分には先頭を走る資格がなかった。

 

思ったこと&次回出場される方

  • 先頭中盤・後方より先頭前方(1~7番手ぐらい)の方が楽

 > 立ち上がりインターバルは後々効いてくる。前方はコーナーも楽

  • 補給はボトル1本とエネジージェル程度で充分
  • ラスト1週ではなく、ラスト2週に時点で先頭から8番手ぐらいにいたい

 (9位の私が言う資格ないですがw)

  • 声がけしてくれる人は大切。

 > 1時間過ぎたあたりから集中力が切れる時があるので、カーブとかブレーキって言ってくれると安全。ただ、口調が厳しい方がおり怖いですが。。。

 

 

気持ちでレースに負けたと言ってますが、結果は結果

今の自分にとっては妥当な順位かと思います。

当分は、最近買ったパイオニアペダリングセンサーを活用してFTPアップを目指します。

川崎マリンエンデューロ出られた方はお疲れ様でした。

 

因みに今年は落車少なめ?でした。私が把握した限りでは3回程

パイオニアパワーメーター購入しました!!

ずっと欲しかったパワーメーター

やっと買いましたー

f:id:yuya226:20180614212828j:plain

去年にTacx - Neoを買ってから自分のFTP、パワートレーニグができるようになったのは良かったです。ただ、外でのトレーニング時はパワーがわからないのが不満でした

 

去年に格安パイオニアパワーメータが発売されたりして、買おうかすごく悩んでたんでました。

パイオニア(Pioneer) 左クランク用パワーメーター パワーセンサー SGY-PW510A80GL サイクルコンピューター対応

でも、使う頻度が高いものは良いものを買う!!と決めていたので、思い切ってペダリングセンターのパワーメーターを買いました。

 

ずっと使っていた105のクランクとはおさらば

f:id:yuya226:20180614215509j:plain

表面がすごいすり減ってる笑

落車は数え切れないほどしてるので、ぼろぼろです。

 

ペダリンクモニターに合わせてサイコンも買いました。

Pioneer(パイオニア) サイクルコンピューター Wifi ANT+対応 トレーニングメニュー・データ解析Webサービス付 SGX-CA500 SGX-CA500 

 今まではEdge510を使っていたので、現在は2つのサイコンを併用しています。

f:id:yuya226:20180614215833j:plain

なんだかすごい光景w

因みに富士ヒルでは、さらにGoproも付けていたので更にごちゃごちゃしてました。

f:id:yuya226:20180614215947j:plain

いつかはSGX-CA500に移行しようかと考えているので、操作に慣れていかないとですね。まだ数回しか使っていないですが、ちょっと不満も多々。。。(起動が遅かったり、Wifi接続だったり)

サイコンはもうすこし使い込んでみたいと思います。

 

 

まだ買ってから200kmぐらいしか乗っていないので、これからどんどん乗っていきます

TSSとかも見れるので楽しみ

通勤のパワーもわかるとかちょっとワクワク

ペダリングモニターは始めのうちしか見ないとのことをよく聞くので、私もそうなりそうですが。。。笑

ただデータを残しておくということでは良い。個人的に一番気になってるのが、ペダリング効率とダンシング時間。ペダリング効率なら40%とか60%って一瞬で把握できるので、毎回見れる。ダンシング率も後から見れるのでいいかなと

 

よ~し、これで数ヶ月は自転車乗るのが楽しくなりそう

 

Pioneer(パイオニア) サイクルコンピューター Wifi ANT+対応 トレーニングメニュー・データ解析Webサービス付 SGX-CA500 SGX-CA500 

 

 

 

 

 

富士ヒルのトレーニングについて振り返る

富士ヒルのレースレポはこの前書いた通りです。

 

今年は72分切りを目標としてトレーニングしていたのですが、結果としてその目標を果たすことができず72分48秒という結果になりました。

ただ去年のタイムより1分更新できたので、トレーニングは効果はあったみたい

ただ効率が良いかはわからない。。。

 

今回はどんなトレーニングをしたのか振り返ってみたいと思います。

 

富士ヒル2ヶ月前~

過去1年間の走行量はこんな感じ

f:id:yuya226:20180612225248j:plain

  • 3月:距離842.3km 獲得標高6,622m
  • 4月:距離1,049.8km 獲得標高9,548m
  • 5月:距離1,375.2km 獲得標高16,221m

 

因みに去年の5月は距離940.5km 獲得標高8,025m

なので、去年と比べると今年はかなり乗ってる

やはり乗るだけ速くなるというのは合っていると思う

トレーニング効率が重要って話はわかるけど、それ以上にたくさん乗るという行為は大切

シルバーとるなら月に1000km以上は乗っておきたいと思う

 

FTP

レース前に測ったFTPは275w (PWR=3.80w/kg)

ただこれはTacx - Neoで計測しているので、ちょっと低めにでている可能性有

 

主なトレーニング方法

去年~4月はずっとSSTトレーニングして基礎体力をつけてました。週に2~3回を続けてSST(mid)が安定的にクリアできるほどまでになりました。

これは嬉しかったなぁ 

始めの頃はSSTって辛くて完走できなかったから、SST強度を長時間出力できるようになったのは成長した気分になれた。

 

5月はとにかくFTP強度トレーニング

基本的にはZwiftの2×15 FTPインターバルトレーニング

体力に余裕があるときは2×20 FTP

5月だけで8回ほどやりました。

これは今回の富士ヒルトレーニングで一番効果がありました

自分はどれくらいのパワーを出すとどんな心拍になって、どれくらいで脚が動かなくなるのかと知るのにちょうど良いトレーニングです。

これで、自分は心拍170になると5分~10分ぐらいしか体力持たないということがわかりましたし。逆に心拍165ぐらいなら20分は出せるということもわかりました。

自分のパワー心拍数とその継続可能時間を知っておくのは重要です。

 

富士ヒル試走は4回

タイムは全て料金所からで

  • 5月3日 1:28:45
  • 5月4日 1:21:06
  • 5月5日 1:18:25
  • 6月3日 1:15:49

走れば走るほど道に慣れるので速くなる

特に始めの頃は、坂と平地のパワーがばらばらになりがちなのでそれでロスが大きくなります。私は走るたびに、ここでは抑えて・ここは頑張って踏むと感覚的にわかるようになってタイム短縮に繋がりました。

やはり試走は大切

 

トレーニングで役に立ったもの

上から効果があったと感じる順

  1. FTP強度トレーニング(Zwift) 10回程
  2. 試走4回
  3. 少しでも良いので乗る頻度を増やす
  4. BCAAの摂取
  5. 動画で富士ヒルのイメトレ

少しでも良いので乗る頻度を増やす

去年までは、トレーニングは集中して行うのが最強! 集中しないトレーニングなら乗らないで休んだほうがマシと思っていました。それが最近では、集中できないトレーニングでも少しでも乗るほうが良いと思うようになりました。やはり乗るだけ速くなる。しっかりした根拠はないけど、感覚的にそう思います。

 

BCAAの摂取

ここ半年はトレーニング後にしっかりとサプリメントを摂ってます。しっかりとトレーニングしたらそれを補うためにサプリメントを摂るのは筋肉・回復のために重要と思うようになりました。一番のおすすめはBCAA。BCAAだったらなんでも良いと思いますが、おすすめはこれ

エクステンド BCAA+シトルリン【マンゴーネクター】1231g

 BCAAにしてはうまい

トレーニング前後にそれぞれスプーン1杯分飲んでます

 

動画で富士ヒルのイメトレ

それと富士ヒルの動画を見ながらイメージトレーニング

乗るだけじゃなくて、イメージもちゃんとしたトレーニングになります。

私のおすすめはこれ

2017年Mt.富士ヒルクライム第3ウェーブ63分51秒 - YouTube

 

とにかく速いw

パワーなどが表示されているので、イメージトレーニグしやすいです

この動画20回は見ました。試走のときは、「あ~これYoutubeで走ったわ~」と思うぐらいまでw

 

一応私も今年車載動画撮ったので、シルバーを目指す方の参考になれば

第15回 Mt.富士ヒルクライム 第3ウェーブ 72分48秒 - YouTube

パワーが不安定でバラバラ、レース内容は微妙ですが。。。

シルバーってこんなもんです

 

役に立たなかったもの

今年から取り入れて効果が非常に微妙だったものもあります

 

60分間全力走

何を血迷ったのか、毎日60分間全力走すれば自然と強くなるんじゃない!?と思い始めたトレーニング

実際はFTPより低い値でしか走れず、自分に適度な負荷を与えることができなかったためFTPトレーニングに切り替えました。

試行回数が少ないですが、私には合いそうもないトレーニングでした。

こんな感じで一時期頑張ってやってました

f:id:yuya226:20180612234715p:plain

結構良いトレーニングだと思ったんだけどなぁ。。。笑

 

 呼吸系サプリメント

今回1ヶ月間これを飲んでみました

グリコ パワープロダクション エキストラ オキシアップ 持久系サプリメント 120粒

トレーニング前に飲むと呼吸器系が強化されるとのことなのですが、あまり効果を感じることができませんでした。(そもそも効果があっても気が付かないかも。。。)

むしろ同じグリコが出してる、疲労回復の方は確かに効果を感じました。

グリコ パワープロダクション エキストラ アミノアシッド 回復系サプリメント 200粒

グリコ パワープロダクション エキストラ アミノアシッド 回復系サプリメント 200粒

グリコ パワープロダクション エキストラ アミノアシッド 回復系サプリメント 200粒

 

 高強度トレーニングを行った後に飲むとたしかに次の日のダルさがすくなくなっていました。飲まなかった次の日はちょっとダルさがありましたし。

気休め程度かもしれませんが、呼吸器系サプリよりは良かったです。

 

ただこの手のサプリメント飲むなら、BCAAとプロテインで充分な気もしますが

 

無理なダイエット

これは実践しようとしてできなかったことなんですが、

無理して体重落とすくらいなら、現状の体重を維持してパワー上げた方が速くなると思います。体重落とす=摂取カロリーを控える > 高強度トレーニングがキツくなる かと思います。それなら普通にご飯食べてしっかりとトレーニングしましょうという話

(「体重落とす」と「体絞る」ってほぼ同じ意味なのに「体絞る」の方が強そうに聞こえるのが不思議)

 

 

 

トレーニングするだけ無駄ってことは無いのですが、効率的じゃないトレーニングという意味では人の失敗談は参考になります。

 

 

最後に

今年はしっかり練習したのでタイム更新しましたが、それでも目標は達成ならず

やはり圧倒的練習不足かなと思います。

ゴールド獲る人ってすごい練習量ですし(又は過去にすごい練習してた)、その基準まで達していなかったということ。

FTPトレーニングなんか始めてまだ1ヶ月ですし、これから積み重ねが重要

去年はSSTで無理~って言ってた自分が、SST(mid)くらいならできる!って言えるように成長してるだけでも充分かな

とにかくコツコツとFTP周辺のトレーニングを積み重ねてFTPをあげることを目標とします。

 

それとトレーニングで一番役に立ったのは明らかにZwiftとTacx Neoのローラー台のおかげ。これがなかったらシルバー獲れなかった

良い練習器具を揃えることは本当に重要だと思う

Tacx - Neo Direct Drive スマートトレーナー

Tacx-Neoは騙されたと思って是非使ってほしい 

 

これからのトレーニングでまず一番の目標はFTP=300w

現在FTP=275wなので25wあげる必要がある

とにかく自分の最大パワーを上げようと思う

だから体重の増量はあまり気にしない。栄養のあるもの食べてしっかりトレーニング。PWRを高くするのではなく、単純にパワーを高くする

 

個人的には1~2年後までにFTP=320くらいまでいきたい

 

よしこれからまた頑張ろう!

 

 

パワー・トレーニング・バイブル

パワー・トレーニング・バイブル

 

 

 

 

 

 

富士ヒルクライム2018 72分切りの目標叶わず 72分48秒

今年で3回目の富士ヒル2018に参加してきました。

過去の戦歴は、

2016年 78分43秒

2017年 73分54秒 (4分49秒短縮)

ときています。

今年の目標は、

去年から2分短縮の72分切り 

しかし今回の結果は、72分48秒と惜しくも72分切りならず。。。。

 

因みに練習量は

  • 4月:距離1,049.8km  獲得標高9,548m
  • 5月:距離1,375.2km  獲得標高16,221m

基本の練習はZwiftでSSTFTP強度のワークアウト

週末は100km程度のライド

富士ヒル試走は4回しており、全て料金所からのタイムで

  • 5月3日 1:28:45
  • 5月4日 1:21:06
  • 5月5日 1:18:25
  • 6月3日 1:15:49

 

レース動画はこちらから

第15回 Mt.富士ヒルクライム 第3ウェーブ 72分48秒



 レースを振り返ってみたいと思います。

 

レース前日

f:id:yuya226:20180612000202j:plain

一緒に参加するチームメイトとゆっくり受付をしてました。

たくさんのブースが出ていたので、1時間ほど時間をかけて散策

この自転車軽いーーーとか、このホイール高けぇとか、森本さんだーとか

 

受付を後はそのまま宿に戻り、早めの夕食

5時過ぎ頃に小作のほうとうを食べに行きました

f:id:yuya226:20180612000527j:plain

私達が帰ろうとした時(6時頃)には長蛇の列が。。。

来年富士ヒルに参加される方は早めの夕食(5時頃)を強くおすすめします。

 

宿では明日の富士ヒル準備

f:id:yuya226:20180612000724j:plain

 

自転車重量は8.6kg

f:id:yuya226:20180612000808j:plain

 ただこれにサイコンとGoproとボトルを付けるので最終的には9kgぐらい

(ああと1kg軽くしたいなぁ)

 

付録の雑誌についてた、シルバー目標ラップ表を切って貼り付けました

f:id:yuya226:20180612001205j:plain

2年前の富士ヒル2016ではシールで配られていたのに、去年からなくなったのは非常に残念

復活を望む人は多いのでは? いつか是非このシールを復活させてほしいです

参考までに写真を

f:id:yuya226:20180612001419j:plain

 

10時過ぎには横になり、11時前には眠りに入りました

 

2018年6月10日(レース前日)

  • 走行距離:44.23 km
  • 獲得高度:661 m
  • タイム:2時間 45分

 

レース当日:スタート前

朝4時に起床

目覚まし時計1発で意外に起きれる

 

着替えてから15分の短いアップ

短い坂を2回登り心拍を150ぐらいまで持っていく

RXの高岡さんとか70分ぐらいアップにかけてるみたいだけど、

あれを一般人がやるとレース前に終わるので軽くアップして終了笑

 

朝はパンを2つとおにぎり1つ、BCAAを摂取

会場から約6kmの宿を40分前ぐらいに出発

今年から前日荷物受付を開始と運営が本気出してきたので、当日荷物預けは比較的スムーズ

預ける場所もわかりやすく良かった

(運営さんお疲れ様です。)

 

そのまま自転車を第3ウェーブに置いてすぐにトイレ(大)

既に長蛇の列でしたが、まぁ1時間もあれば余裕だろうと6時前に並ぶ

f:id:yuya226:20180612002710j:plain

左側に見える列がトイレ列

大体50人超くらい並んでる

 

並び始めて30分後

全然進まない。。。。

 

並び始めて50分後

まどあと10人くらいいる

どんだけ

 

並び始めて1時間でやっとトイレに入れる

この時既に7時で選抜クラスは出発済

素早く用を足して選抜女子がスタートした頃にやっと戻る

この時既に第3ウェーブには人がおらず、スタート地点まで移動していました。

出発30秒前に第3ウェーブ最後尾についてやっとサイコンをつける

ホントにギリギリ

無駄に焦ってなんだか余裕がないw

それなのに写真を撮影

f:id:yuya226:20180612004137j:plain

 

 

このトイレ問題

後からわかったことなんですが、6台中4台しか稼働していなかったみたいです。

2台はなぜか人が入っていないのに赤色のロック表示がされていて、人が入っていると勘違いが起きていてみたいです。これが原因で1時間も無駄にすることに。。。

途中で気づいた人がドアを開けたのですが、この時既にスタート直後の7時

まさに時すでに遅しでした

(この問題にかかわらず、個人的にはもう少しトイレを増設してほしいです。)

 

富士ヒル前半

バタバタするなか第3ウェーブ最後尾からスタート

因みにトイレの待ち時間でグリコ ジェルを2つ摂取

第3ウェーブなんて自分にとっては場違いなんですが、それでも中盤ぐらいで出発して徐々に順位を落としながら脚の合う人と一緒に走りたかったのです。

しかし最後尾からの出発なので一人ぼっちの旅になる可能性が高い。。。ということでパレード走行も少し強めの200w(PWR=3.0w/kg)で走って極力前の方に行きました。

 

計測ラインを超えてスタート

レース序盤は極力抑えたいのですが、私のFTP以上の300wぐらいで走る

そうしないと一緒に走る人がいなくなり単独走になるので、ホントは出したくないけど最初の2kmぐらいはパワーをだす

心拍150後半ぐらいなので、きつくはないけど今後に影響するだろうなぁという強度

 

5km地点でようやく落ち着いてきて一息つける

ただこのときはまだ10人前後の大きな集団なので、人の後ろについてパワー270w前後=心拍160ぐらいで走る

そのまま10km地点まで走るが、そこまできつい感覚もなく淡々と走る

 

あれ富士ヒルってこんなに余裕のあるもんだっけ?と不安になる

去年は終始きつく、いつちぎれてもおかしくないとう状況だったのに比べて、今年は追い込み具合が非常に低かった

かといってこれ以上パワーをあげると後半が怖いので、心拍155~160をうろうろ

 

富士ヒル後半

10kmを過ぎたところで、74分ペース表とほぼ同じタイム

う~ん、こりゃ去年と同じぐらいのタイムになるかもなと不安になる

今年の目標は72分切りなので、74分ペースより速く走らないといけない

 

このときぐらいから5分後に出発した第4ウェーブの速い人達があがってくる(36:40~)

どうにかそれに乗ってすこしペースアップをはかりたいと思い、いいペースで追い越す人と一緒に走るが10分ぐらいしか走れず

今まで270wぐらいで走っていたのに、一気に300wぐらいまであがり心拍も170を超える。こりゃきつい

去年なら死んでもついて行く!って気持ちだったんですけど、今年は後半に体力残したいからまだまだ温存すると訳のわからない思考になってました

やはりきつくてもそこでついていくべきだった 

43:09の時に完全に千切れる

 

その後も追い越される人に極力ついてローテを回していきました

ただ追い越されるだけあって、ムチャきつい

それでも前半抑えてたおかげで脚が回る

まだイケる!って心に余裕がある

 

最後の平坦区間は2人で回してゴール

タイムは72分48秒

目標の72分切りは達成できず。。。

f:id:yuya226:20180612013629j:plain

 

ものすごく疲れたんだけど、なんだか消化不良のような

前半5km~10kmで抑えすぎたのかなと思う

後半は思った以上に体力が残っていた

もっと平均的に出力できればあと20秒は短縮できたかなぁって後悔

それと気持ち的にも「絶対72分出してやる!」って気持ちも去年ほどなかった

 

 

その他

自転車はこんな感じ

f:id:yuya226:20180612014309j:plain

最近パイオニアのパワーメーターを買ったので、サイコン2つ

それとGoproと充電器

前からみるとかっこいい

f:id:yuya226:20180612014413j:plain

ガジェット好きだといろいろ装備したくなる笑

 

今年もシルバーリン

f:id:yuya226:20180612014534j:plain

ゴールドを手にする日はいつかくるのか?