ヘルニア持ちのロードバイク記録

ヘルニア持ちのロードバイク記録

ヘルニア持ちのロードバイク乗りです。尾根幹とZwiftで主に練習してますが、活動記録を載せます。

【まとめ】Zwift向けローラー台_2017年9月現在

(※この記事長いです)

Zwiftを始めようとしたときに悩むのが、

 

 

ローラー台選び

 

かと思います。

 

この記事では、その悩みを解決します!!!

 

 

始めにちょっと一言。。。

ローラー台次第でZwiftの楽しさは全く異なります(経験談)

 

そしてローラー台は、数万円~十数万円の高い買い物。。。慎重に選ぶ必要があります。

 

私はローラー台購入前に、2ヶ月間ほど情報収集していました。

実機を試乗しに行ったり、Youtubeに1日中張り付いたり、英語のページをGoogle翻訳で巡ったり(英語の情報量は圧倒的に多い)

 

そんな中、日本人のレビュー記事がとても参考になりました。

海外の情報量は多いが、環境(家、購入費など)が日本と異なる部分があります。

日本人のレビューは自分の環境に合っており最高でした。すごくすごく助かりました。

(英語よくわからなかっただけなんだけど)

 

なので、今後買う人の役に立てればと思い、

そこで集めた情報をまとめました。

 

※人によって購入基準や、環境、金銭感覚ほぼ全て異なります。本記事では、絶対オススメと紹介しているものもありますが、独り言を聞く程度で参考にしてください。かならず他の方の記事も参考にして、後悔しない買い物をすることを願っています。

(購入後に怒られても責任とれませぬ。。。。)

 

まずは結果から

この記事、長いです。

(それほど気持ちこもっちゃってます)

 

なので最終結果からいきます。

 

 

ある程度調べてる人なら既に名前を知っているかと思いますが、

Zwiftやるなら

 

 

 

Tacx Neoがやはり最強です。

(2017年9月現在)

Wiggle Tacx - Neo Direct Drive 

 

 

以上!!!

(はやっ!)

 

 

はじめに&自分の環境

既に最終結果がでましたが、

そこにたどり着くまで2ヶ月かかりました。

(Tacx neoが最強なのは調べ始めから知ってましたが。。。) 

 

まず、この記事を書いている自分について紹介します。

(ローラー台を選ぶ基準は、環境でかなり変わりますからね)

 

ロードバイク購入~ローラー台購入までの遍歴

  • 2015年7月 ロードバイク購入(初年度5000km程乗る)
  • 2016年8月 ヘルニア発症⇒ほとんど乗らなくなる
  • 2017年2月 ヘルニアの症状が落ち着き始める(完治はしてない)
  • 2017年3月 Zwift導入検討&ローラー台選定開始
  • 2017年5月 Wahoo Kickr Snap 購入 
  • 2017年6月 Kickr Snap売却 ⇒ Taxc Neo購入 ⇒ 富士ヒルシルバー(どうでもいいw)
  • 2017年9月(現在) 不満なし!

 

環境について

  • 20代中盤のサラリーマン(土日休み、夜勤等なし、残業20~50h)
  • 都内住み(通勤に約1時間強、14km)
  • 3階アパートの3階住み築20年、鉄筋コンクリート、2DK
  • 月走行距離(500~1000km)
  • 妻有(お互い土日休みの、夜勤なし、自転車に対する理解度A-)
  • 自転車保持数1台(2年以内にもう一台。。。)_Giant TCR SLR 2015年モデル
  • 月に自転車に使えるお金 2万~3万ぐらい

 

ローラー台試乗経験

ローラー台選考水準

購入する上で、購入優先の軸は大きく3つありました。希望は言い始めたらきりがないですよね

  • 【必須】静寂さ (建物は鉄筋ですが、なにぶん築20年なので。。。)
  • 【必須】自動負荷連動 
  • 【高】価格 安いに越したことありません。無駄に高いのは買う気ありません(でした)
  • 【低】Ant+Blutooth対応
  • 【低】取り付けの簡単さ
  • 【低】坂再現(できれば10%まで)、最大パワー対応(できれば1000Wまで)
  • 【低】精度(パワーメータ持ってないから±5%くらい)
  • 【低】故障対応(意外に大事)
  • 【低】ネット情報量(ブランド力?)

 環境まとめ

私のように、賃貸でローラー台を買うときに悩むのが

 

騒音問題

 

これはほとんどの人が悩む部分かと思います。

一般的に、騒音が小さいほど値段が高いです。

私はまずKickr Snapを購入しましたが、築20年のアパートではその騒音(振動音)に絶えられず、Tacx Neoに乗り換えました。

今では騒音に一切悩むことなく、毎日激走しています。

 

そしてZwiftを楽しむため、自動負荷も外せませんでした。

その機能が無いものはその瞬間に候補から外していました。

 

お金があるわけではないので、価格も気になっていました。

できれば5万円以内に押さえたかったです。(Tacx Neo買ってるけど。。。)

Tacx Neoはかなり無理して買いました

 

でも、買って良かったです。

現状、大満足です。

 

ローラー台選定 ~固定ローラー編~  

さていよいよ本題です。

 

ローラー台の種類

大きく分けて3つあります。

  1. 固定ローラー
  2. 3本ローラー
  3. ダイレクトドライブ式ローラー台 

各メーカーがいろいろな種類のローラー台を出しており、価格帯もさまざまです。

 

一般的に価格は、

ダイレクトドライブ(価格高) > 固定ローラー > 3本ローラー(価格安)

となります。

それと同様に静寂さ

ダイレクトドライブ(静寂) > 固定ローラー > 3本ローラー(騒音大)

となります。

 

ダイレクトドライブが最高なんですが、最低でも10万以上はかかります。

固定ローラーだと4~8万で買えます。

3本ローラーは安いものがありますが、騒音の関係上3本ローラーはオススメしません

 

Zwift対応のローラー台

 一覧表があるので見てみましょう

Zwift |ローラー台一覧.

こちらにZwift対応のローラー台一覧表があります。

一度こちらを見てどの機種が対応しているのかを見るのをオススメします。

 

まずは固定ローラーから

【ELITE】QUBO Digital Smart B+ オススメ度★★★☆☆

Zwift対応のローラー台を調べてる方ならみんな知っている程有名なローラー台

一番の魅力は 価格の安さ にあります。

スマートトレーナーでありながら4万弱の価格です。

ELITE(エリート) QUBO(キューボ) デジタルスマート B+ 315350001

ELITE(エリート) QUBO(キューボ) デジタルスマート B+ 315350001

 

 価格以外のメリットとしては、情報量の多さもあります。広く普及しているローラー台なので、ちょっと動作不良がおきても調べたらすぐでてきます。

 

デメリットは、騒音です。とにかくうるさいです。3本ローラー並みです。

一軒家に住んでて、自分だけの部屋があるという状況なら速攻で買いましたが、

静寂性は私の最も優先度が高い条件のため諦めました。

 

ただ、この価格は他のローラー台ではありえないことなのでオススメ度は★★★☆☆です。

因みに斜度6%までしか再現できないというデメリットがありますが、私はそこまで大きなデメリットに感じません。結局は自分が出力しているパワーでZwiftのトレーニングやレースは進むので、そこによるデメリットは自分の気持ち次第なところがあります。

 

【CycleOps】Magnus オススメ度★★☆☆☆

CycleOps - Magnus スマートトレーナー

価格は6万円前後(2017年9月現在)

前は8万円近くしたので、非常に安くなってます

 後ほど紹介するCycleOps - Hammer の下位バージョン

特徴としては

  • 自動負荷
  • 斜度15%
  • 1500Wまで対応
  • 価格6万円台

うんうん、十分!

それも比較的最近作られたローラー台

 

機能的には十分すぎるほどの性能があるが、

静寂性はあまりよろしくないです。

Youtubeを確認ください。

▼Magnus音量チェック



静寂性がよろしくないので、私は候補から外しました。

 

もし、静寂性を気にしない人&Quboデジタルじゃ物足りない人にとってはオススメ

 

 

【Wahoo】Kickr Snap オススメ度★★☆☆☆(個体差有)

Wahooが出してるWahoo - KICKR SNAPです。

私は一番初めにこれを買いました。

 結果からいうと、私は2週間ほど使用して売りました

Magnusと同レベルの機能を備えています。価格も6万前後と近いです。

 

このKickr Snapの最大の特徴は

静寂性 です。

こちらから是非レビューを見ていただきたいですが、

9割の方がその静寂性に大満足しています。

 

 

私はyoutubeにあがっている100近くのKickr Snapの動画を見て購入を決意しました。

そう、静かだと判断して購入しました。

 

 しかし

 

実際に家で乗ってみると、3本ローラーのような轟音が鳴り響きます

とても賃貸で漕げるようなローラー台じゃなかったです。

 

とくに200w以上を出力すると、もうやばいです。

工事でもしてるの!?ってくらい振動音が発生します

レビューにあった、静寂性がすごい!というのは全くなかったです。

私が買ったのは不良品かと思い、直接Wahooに問い合わせして走行時の動画まで送って確認してもらいましたが、正常品との回答でした。

 

交換してもらうこともできず、泣く泣く売りました。。。。

 

ただ、どこのサイトを見ても、Kickr Snapがうるさいという話は聞いたことがないので、やはり私のが不良品だったのではないかと今でも思っています。

(ここはまだ不明。。。。)

 

私はKickr Snapの振動音のデメリットがあるのでオススメしませんが、その他機能(自動負荷、設置の簡単さなどなど)は大満足でした。

Kickr Snapについてはせっかく購入したので後ほど詳しいインプレを書きたいと思います。

 

お金が余ってる人であれば買ってよいかと思いますが、

失敗したくない人にはオススメしません!!!

 

【Tacx】Bushido オススメ度★★☆☆☆

Tacxの固定ローラー Bushido

価格は7万円台

 今まで紹介してきた中では一番高いが、特にこれといった特別な機能はなく

いたって 普通のスマートローラーです。

 

私が買わなかった理由は、

騒音です。

 

こちらを確認してください。


Tacx Bushido vs CompuTrainer Noise/Sound Level Comparison

 

これをみたらBushidoを買う理由はないです。

 

たとえ騒音を気にしないとしても、価格が安くないので買う理由が見当たりません。

 

 


しいてメリットをあげるとすれば、

  • 装着が簡単そう
  • Tacxというメーカー
  • 名前が日本っぽくてかっこいい

以上!

 

私はオススメしません。

(Bushidoファンには申し訳ないですが。。。)

 

 ローラー台選定 ~ダイレクトドライブ~  

 今まで紹介してきたのは全て固定ローラーでした。

価格も安く、騒音も比較的小さめですが私の環境ではどれもうるさいと判断しました。

 

これからはダイレクトドライブを紹介していきます。

価格は高くなりますが、静寂性は最高です。

 

【Elite】VOLANO & KURA オススメ度★☆☆☆☆

エリートのVolanoKURA

▼Volano

 ▼KURA

 

3本ローラーなどで有名なElite

ダイレクトドライブはどれもぱっとせず、買う理由なし

 

そもそも情報が少なすぎてあまり調べられなかった

たぶん上にあげた2つは自動負荷ではない(多分)

自動負荷であっても、特に買う理由がみあたらない

 

メリットは、静寂性

ただ、自動負荷ではないので今回は対象から外す

 

【Wahoo】Kickr Smart オススメ度★★★★☆

最近新しくバージョンアップしたKickr Smart

 

機能については申し分なし

今まで紹介した中で一番高性能

特にパワーの精度が高い

あのチームSkyもこれを使用してウォーミングアップしています。

 

 

そのため値段は高いです。13万前後

 

機能的には問題なく最高なんですが、私は購入しませんでした。

(試乗はしたことあります。)

 

理由は、静寂性 の問題です。

これだけ高性能で、値段も高いのですが

そこまで静かではありません

 

とくに高音が鳴り響きます。

固定ローラーの振動音はありませんが、金属が磨り減るような高音があるので賃貸の方にはオススメしません。

騒音を気にしない方にとっては、最強の一台であることは間違いないですが。。。

 

 

【Tacx】FLUX 2900 オススメ度★★★☆☆

結構最近出た、格安のダイレクトドライブFLUX


 

価格はダイレクトドライブにしては破格の9万円台

もちろん、機能も十分

  • 自動負荷対応
  • 最大勾配10%
  • 誤差5%

そして静寂性もなかなか良いとのこと

 

残念ながら私は試乗したことがありませんが、

Youtubeの動画を見る限り、Kickr smartより静かそう

 

性能も良くて、静寂なダイレクトドライブが9万円!?

即買いじゃん!!!!!!

って思った貴方

 

ちょっと待ってください。そんなうまい話ありませんよ。

 

 

こいつには最大のデメリットがあります。

それは、不良品が多い ということです。

 

これはベルトで負荷を調整しているのですが、このベルトが焦げることがあるみたいです。

この不良は数件じゃなくて、かなりの件数で起きているみたいです。

 

これはアメリカのAmazonで確認してもらえたらと思います。

ここ意外にも、日本人のレビューで不良品だったケースを数件発見しました。

 

不良がおきたら日本で修理できないので、一度開発元(海外)に戻す必要があります。

それもそこから調査して、不良が確認できない限り無償の対応はなし とのことです。。。

いくら安くて性能が素晴らしいといえど、不良品が届いたら意味がありません

 

もちろん、通常に使えてる方も多くいらっしゃるみたいなので、

冒険好きの方にオススメします。

 

私は買いませんでしたが。。。

 

【Tacx】 Neo Smart オススメ度★★★★★

冒頭に紹介した、最強のローラー台Tacx neoです

 

価格は12~15万と高いですが、機能は最強です。

  • 自動負荷対応
  • 2000wまで対応
  • 精度も+-3%(確か) 

 

そして最大のメリットは、

最強の静寂性

です。

 

とにかく静かです。

賃貸で、思いっきり漕いでも近所迷惑になりません。

今まで紹介したローラー台が全て霞んで見えます

 

私は工業用の扇風機を使っていますが、

それの方がうるさいです


 

 

 

また、(無駄に)路面シミュレーションという機能を搭載しています。

これはZwiftに存在するガタガタの道を再現してくれる(無題に)素晴らしい機能です。 

yuya226k.hatenablog.com

 

 

私はTacx Neoを購入してZwiftをしていますが、不満は一切ありません

 

非常に高い買い物でしたが、Zwiftをやるのなら最強のローラー台間違いないです

買って後悔しません

 

Tacx Neoについては後ほど詳しいインプレを書きたいと思います。

 

Tacx Neoはぶっちぎりのオススメローラー台です。

 

 

さいごに

結局、Tacx Neoを薦める記事になってしまいましたが、実際にそうです。

もしZwiftライフを楽しみたいのであれば、絶対にオススメです。

 

ただ高い(14万前後)ので、お金がないけどZwift楽しみたいって人はQubo デジタルがオススメです。wiggleで買うと3万円台で買えますし、自動負荷対応という点が素晴らしいです。

ただ3本ローラー並みに騒音がでてしまいますが。。。

 

正直それ以外のローラー台にはあまりメリットを感じません。

やはり騒音はどれも発生してしまいますし、現状はTacx Neoのみが賃貸でもがけるローラー台ではないでしょうか

 

あとは、将来的にもっと安くて静かなローラー台がでるのを待つしかないです。

Tacx FLUXがその存在に近いですが、不良品が多いのはいただけません。

そのため現状はそういったローラー台はないと判断しても良いでしょう。

 

日本語のローラー台レビュー記事は非常に少ないです。

そんななか、Zwiftを本格的に始める皆様のお役に立てたらと思い記事をまとめました。

 

後悔しないローラー台選びを行い、楽しいZwiftライフをすごせる事を願っています。

 

これからKickr Snapとtacx neoの記事をまとていきます。

 

 

【ロードバイク】海外輪行で役に立ったもの3選

今回、約2週間ほどオーストラリア旅行に行ってきたときにロードバイクを持って行きサイクリングをしました。

yuya226k.hatenablog.com

 

海外輪行するにあたり、新しく物を準備したりしてこれは本当に良かった!と思ったものを3選紹介したいと思います。

 

海外輪行のみならず、国内輪行でも使えるものがあるかと思うので是非参考にしてください。

f:id:yuya226:20170914124306j:plain

 

 第3位:結束バンド(リピートタイプ)

輪行時に保護剤や小物の固定に使いました。

非常に便利です。

因みに自転車はこんな感じになりました。

f:id:yuya226:20170914124931j:plain

リピートタイプなので、取り外してまた使うことができます。

 

長めの結束バンドをオススメします。

大は小を兼ねるっていいますし

リピートタイ 300mm耐候黒 50本入り RPT-300W50BK

リピートタイ 300mm耐候黒 50本入り RPT-300W50BK

 

 

結束バンドは細くて硬いので、フレームが傷つく可能性があります。

そんな箇所は、結束マジックテープ を使用しました。

 

これはいろいろなサイズが入っているのでオススメです。

輪行時には必須のアイテムとなります

 

第2位:ジップロック

もう自転車から遠のきましたが。。。笑

これも非常に役立ちました

 

海外輪行に行くと荷物が増えます。それも種類がおおくこまごまするのです。。

ジップロック使って小分けにすると、中身が見えてかつ気軽に使用できるので便利です。

例えばこの荷物が、

f:id:yuya226:20170914124306j:plain

こんな感じで収まります。(一部は入れてません。。。)

f:id:yuya226:20170914130212j:plain

 

安いので、破けてもお財布が痛くならないですしオススメです。 

 

第1位:ブリヂストンの空気入れ PMSP81.A

これはダントツの1位です。

やっと自転車らしいものが出ました笑

 

自転車を飛行機に乗せる場合、タイヤの空気を抜く必要があります。

現地で空気を入れなおすので、空気入れが必要となります。

そのため、私はブリヂストンの空気入れを買いました。

もうこれが最強でした

 

これは自転車に搭載できるほどの小ささなのですが、

小型空気入れって8気圧まで入れるの非常に大変なんです。

 

でもこの空気入れは、本当に楽

もちろん大型の空気入れに比べれば大変ですが、8気圧までならある程度の労力で可能

 

基本的に飛行機はCO2ボトルも禁止なので、走行中にパンクしても対処可能

 

それに気圧計もついているので、どこまで入れればよいか分かるのも素晴らしい点

 

間違いなく、今回持っていってよかったものベスト1です。

 

 

ベスト3、2は自転車とは直接関係ないですが、輪行時に非常に役に立ちました。

ベスト1はぶっちぎり。最強の小型空気入れかと思います。

 

おまけ

記事にするほどではないけど、あったら便利なもの

 

ホイールバッグ

ホイールは傷つきやすいのであると安心です。

私はタイオガの1本用を2個購入しました。

TIOGA(タイオガ) ホイールバッグ 1本用

TIOGA(タイオガ) ホイールバッグ 1本用

 

 

 使い捨て手袋

 輪行時はチェーンを素手で持たなければならないときがあります。

手は極力汚したくないため、私は使い捨ての手袋を使っています。

気をつけていても自然と汚れてしまうこともあるので、持っておくと気楽です

 

GPS付きのサイコン

説明不要レベルの必須

海外ではIphone等でログを残すのは難しいので、GPS付きサイコンは必須です。

もちろんすごく役に立ちましたが、当たり前レベルなので今回は外しました。

GARMIN(ガーミン) Edge520J 136807

GARMIN(ガーミン) Edge520J 136807

 

 

 

自転車用品よりも、輪行を楽に安全にする道具が中心になりました

普通に走っているときは日本と同じですからね

海外輪行というケースに限っては、上にあげたものが非常に役に立ちます

特にブリヂストンの空気入れは最強です

 

ロードバイクで平均時速 20kmはとても大変

ロングライドの計画立てるのってワクワクしますよね。

旅行に行くときみたいな感覚で 

 今回は私の失敗談からの話です

 

 

ロングライドに失敗はつきもの

私はこれまで国内と海外合わせて非常に多くのロングライドをしてきました。

ロングライドの計画 ⇨ 実走 ⇨ 次のロングライド ⇨

これを何度も繰り返してきて、計画の段階で何度も失敗してきました。

その原因が、平均時速の誤算

これにつきます。

 

時速25km~30kmは余裕

みなさんロードバイク買って乗ったら、その速さに感動するかと思います。

(私は、まぁこんなもんやろって思ってしまいましたが笑)

スピードメーター持ってる人なら、速さもわかりますね。一般男性が漕いだら、時速25~30kmは簡単に出ます。それも大した速く漕がなくてもそれほど出るんです。

 

私の初ロングライド

それは1日で茨城の水戸から東京を通過て山梨の山中湖までの200km

忘れもしません。私の最大の失敗が初ライドでしたので

 

茨城から山中湖まで200kmということは、

平均25km/hで漕いだら、8時間

でも途中疲れるだろうから、平均20km/hで考えたら10時間

途中お昼ご飯休みとか入れても12時間で着くな

ということで、朝4時出発の夜6時到着なら余裕

という計算でした。

 

結果は、夜8時の走行開始14時間の時点で160km

200kmに届かず無念の途中リタイヤです

(親戚が山中湖にいたので迎えに来てもらい無事でした)

 

私の脚力の弱さもありましたが、完全に計画段階で失敗が見えるものでした。

▼忘れもしない無念のリタイヤ

f:id:yuya226:20170913122806j:plain

 

 

平均時速20kmは速いのか?

ロードバイクだと25km~30km/hは余裕という話をしました。それは合っています。

しかしそれは信号がなく渋滞のない道の場合です。ロングライドにおいては、その25km/hよりもっと遅い20km/hで走っても速い方に入ると思います。 

特に信号の待ち時間は意外に長いです。信号で止まってからのスタートなど考えると、平均20km/hというのは経験上速いと言えます。

感覚的には時速30kmで都内を走ったとしても、信号待ちなど考えると平均速度20km/hは厳しいでしょう。

 

ましてやロングライドは途中何があるかわかりません。

  • 突然パンクしたり
  • 突然綺麗な景色が現れて写真撮ったり
  • 突然ハンガーノックになったり
  • 突然渋滞になったり(突然はないかw)

とにかく計画段階では予期しえないことが起きるのがロングライドです。

 

じゃあ平均速度はどれくらいが適切?

これは難しいです

ただ20km/hは脚に自信がある人が計画を立てるレベルの速さということは言えます

 

初心者の方は平均速度15km/hが一つの目安になるのでは、と最近考えています。

 

とにかく余裕ある計画をたてよう

これが一番言いたかったことですw

余裕のある計画はロングライドにおいて最強です。

 

平均速度20km/hが難しいだのどうこう言いましたが、

仮に平均速度20km/hで計画たてて渋滞にはまってしまったとしても、余裕のある計画を立てていれば問題ありません

 

個人的なオススメ

普通に立てた計画に+1h/50kmしましょう。

 

例えば100kmのロングライド(東京から水戸)を立てます。

脚に自信がある方は、平均速度20km/hで5時間かかるという計画を立てます

昼飯に1時間かかるとします。

そうすると合計6時間ですから、朝6時に出ればお昼12時に水戸に着けるわけです。

でもここで50kmごとに+1時間をしましょう。

私ならここで、6+2=8時間かかると考えて出発します。

この2時間は特になにをするか決めていません。

もしかしたら6時間で着いてしまうかもしれません。

でも8時間という計画を立てていれば、ロングライドを失敗する可能性はぐっとさがることでしょう。

 

 

まとめ

最終的に何が言いたいかというと、

平均速度20km/hで計画を立てるのはいいけど、余裕のある計画を立てよう

ということです。

 

 

【妄想】vivoactiveに欲しい機能

vivoactiveを手に入れてから、心拍見るのが楽しくなりました。

 

 

この前インプレ書きましたが、

yuya226k.hatenablog.com

 

 

非常に良くできたスマートウォッチです。

スポーツする人なら必ずオススメできるものです。

 

 

ただ

 

非常に惜しい部分もあります。

今日は、こんな機能もあればなぁって妄想したいと思います。

(現実化できそうな妄想)

(というよりその機能あるかもしれない、見つけてないだけで)

 

 

通知リスト一括削除機能

スマートフォンの通知をvivoactiveに飛ばすことができます。

LineやStravaの通知や、ヤフオクやら。。。

そうすると通知がたくさん溜まっていくんですね。。。。

vivoactiveでは一件一件確認ボタン(削除)していく必要があります。

これが非常にめんどくさい&遅い

 

正直ほとんどがいらない通知なので一括削除機能がほしいです。

欲を言えば、選択削除機能もw

 

 

1日の天気を見たい

スマートフォントと同期すると、天気もみれるようになります。

しかし見れるのは、

  • その時のリアルタイム天気
  • 1時間後、2時間後、3時間後、4時間後の天気
  • 週間天気

です。

1日の全体の変化の天気がみれないのです。

例えば自転車に乗ってるときに、今日の夕方の天気どうかなって見ようとしてもわかりません。。。。(4時間後までしかわかりません)

 

これは非常に惜しい。。

(というか設定で変えれるのかな?)

 

ちなみに心拍も同じです。

過去4時間の心拍又は、過去1週間の平均心拍のみです。

昨日の夜どうだったっけ?と思っても見れません。。。

(スマートフォンでは確認できます。)

 

 

ガーミンのアクティビティを表示できない

vivoactiveでとったアクティビティは履歴としてみれますが、他のガーミン(Edgeなど)でとったものはvivoactiveでは確認できません。

garmin connectに接続して同期したら見れるようにしてもらいたいです。

 

パワーデータを取り込めるようになって欲しい

これが一番欲しい機能です。

パワーメーターとつなげるようになって欲しい

それがない限り第一線で活躍することはないでしょう。。

 

アクティビティ中も他の画面を見れるようになってほしい

インプレにも書きましたが、アクティビティ中は他の操作ができません。

通知など見たいときがあるので操作できるようになってほしいです。

(心拍転送モードも同様)

 

バイブ音を小さくしてほしい。。。

これは物理的に無理かもしれませんが。。。

バイブ音が大きいです

アラームにはいいのですが、電車や会社ではちょっと気になる音量です。

 

 充電端子を一般的なものにしてほしい

vivoactiveの充電端子は特殊なものです。

 

micro usbなど一般的なものにしてほしいです。

 

 

まだまだ欲しい機能はたくさんあるけど、

現実的に追加・改善できそうな機能をあげてみました。

特にアクティビティ中も他の画面見れるようにしてほしいですね。

 

 

 

 

都内屈指の激坂、風張林道にいってみた

先週末に、都内最強(最狂)と言われる激坂 風張林道に行ってきました

f:id:yuya226:20170908120552j:plain

写真じゃ伝えきれない、激坂の辛さ。。。

 

風張林道とは?

知らない人のために紹介

東京都檜原村にある激坂・風張林道

  • 全長:4.2km
  • 獲得標高:491m
  • 平均斜度:11.7%
  • 最大斜度: 18%(たぶんもっと高い)

距離は4kmと短いが、平均勾配が10%超えしてしまっている。。。

Googleマップには道として表示されていない程の激坂(意味不明)

 

Stravaセグメントにはしっかりと登録されており、

こんな感じ

 

驚きなのが、この林道は東京都ということ

もう、都会のかけらもない道ですが。。。

 

でも走りやすい!?

常に10%超えてるので楽しくは走れないです

いや、逆に笑えるかもw

 

でも走りやすいです

  • 車が通らない (ほぼ0台)
  • 自然が多い (夏は涼しい)
  • 人が少ない
  • 道も意外に舗装されている

Googleに表示されておらず、林道というくらいだからガタガタな道を想像していたら、

意外に綺麗に舗装されていました

 

一番ガタガタだった部分でもこれくらい

f:id:yuya226:20170908121824j:plain

 

車もほとんど通らないから、端を通る必要はあまりなさそう

 

トレーニングにならない!?

激坂すぎるので、時速10km/h以下で走りますw

途中は6km/h程にまで下がることも。。。

 

激坂すぎて追い込むことができない現象がおきますw

 

ある程度力のついた人が登るとトレーニングになるかもしれませんが、

私はトレーニングほど追い込むことができませんでした

 

私は大好き

激坂が好きってわけじゃないですw

だってひぃひぃ言いながら走ってましたしw

(Mじゃないよw)

 

とにかく車が通らないので、蛇行運転しても問題ないです。

(注意しながらねw)

 

ヤビツとか、尾根幹とか、都民の森とかサイクリストと車の近さって危ないじゃないですか

自転車乗ってる人もガチだし、車道は狭いし。。。

とにかく精神的につらい

 

それに比べて、風張林道は非常に走りやすいです。

大好きになりましたw

 

それに景色が綺麗

 

後半に一気に開けた景色が見れます。

(写真取り逃した。。)

苦しみながら走った後に見るあの景色は絶景です

 

 

また近いうちに行きたいなぁ。。。

 

 

 

【Zwift】SST練習を再開しました。

最近、海外に行っていたこともあり全く乗っていませんでした。。。

先月は600kmぐらいしか乗っていない。。。

 

それに富士ヒルから体重も+6kgだし

(海外に行くと食っちゃうよねw)

 

そんな状態でFTP計測した結果のブログを書きました

yuya226k.hatenablog.com

 

結果は。。。FTP=260w のパワーウェイトレシオは3.55w.kg

う~ん、やはりちょっと下がったか?

(初めてのFTPなんだけどねw)

 

ということで11月のひたちなかエンデューロに向けて練習開始しました

 

 

まずはFTP向上

そもそもの体力がないので、まずはパワーウェイトレシオ3.8w/kgを目指して体力向上!!!!

できれば4w/kgぐらい欲しいので、そうなるとFTPは290wぐらいないといけないww

 

2ヶ月本気だせばいけるか?

いや、仕事と家庭(妻)に時間を割きつつ行うのは無理だ。。。

 

最低限の目標

時間は少ないが、週3回SSTを行いFTP向上の目指す!

それを続ければ1ヶ月で12回ぐらい

 

ZwiftのSST(short)だと1回1時間弱なので

1ヵ月12時間ぐらいの練習量

 

ちなみにSSTとはベース体力向上のためのトレーニング

実際は結構きつい

yuya226k.hatenablog.com

 

ということで実践してますw

 今週からw

f:id:yuya226:20170907231148j:plain

 

やっぱりSSTは辛い

 

それでもやりまくる

f:id:yuya226:20170907231229p:plain

 

時間の関係上、SST(short)を続ける

とにかく走る

f:id:yuya226:20170907231310p:plain

 

今日も走りましたw

f:id:yuya226:20170907231341p:plain

 

まずは継続を大切に

次に週3回SSTを目指して

 

9月後半にFTPに挑戦しよう!

 

【インプレ】Vivoactive J HRを1週間使ってみた感想

Garminのvivoactiveをゲットしたとの記事を書きました

yuya226k.hatenablog.com

 

1週間ほど使用してみたのでインプレを書いてみたいと思います。

 

 

総評(1週間)

1日24時間、7日間ほど使用しました。

充電する時だけ数十分ほど外しただけで、

日常生活時も、お風呂時も、シャワー時も、寝るときもずっと身につけています。

 

まず、総評は

 

スポーツ全般をする人なら超オススメ

 

です。

さすがGarminです。手に入れて本当に良かったと思います。

 

 

ただ!

もしこれから購入検討する人が気をつける点は、

 

 

ロードバイク専用目的なら買うべきではないです。

(もっといいのがあります)

これについては後ほど

 

 

素晴らしい点

 いわゆる、スマートウォッチとしては素晴らしいです。

私は主に自転車とランニングを行いますので、その観点から感じたメリットも紹介したいと思います。

まずは本当に素晴らしいメリットのみをご紹介

 

充電の持ちがよい

特にアクティビティなどしなければ1週間ほどもつレベルです。

ただ、GPSを使うトレーニングをすると一気に消費します。

スポーツマンなら1週間もトレーニングしないことはなく、1日に2時間程度のトレーニングを行ったりしていますが、2~3日に1度充電する程度で使えます。

スマートフォンに比べたら充電の持ちの良さは素晴らしいです

それも充電時間が超短いのが大きなメリットです。

体感では20~30分もあれば30%から100%まで充電されます。

f:id:yuya226:20170906085030j:plain

 

操作性が良い(タッチパネル)

こういうスマートウォッチやサイコンのタッチパネルって操作性が悪いことが多いじゃないですか。(特にEdge510は反応遅すぎ。。)

vivoactiveはかなりスムーズに反応します。

スマートフォン並みに早くはないですが、Iphone4ぐらいさくさく動きます。(わかりにくいw)

とにかく操作に関していらだつことはないでしょう

 

物理ボタン(キャンセル、実行)がついてるのも良いです。

 

アラーム機能が最高

振動のアラームを設定することができます。

設定方法も簡単で、例えば10分だけ寝たいときや、電車の乗り換えの時に設定することができます。私は毎朝アラームを設定して、これで起きていますw

バイブレーションが直接皮膚に当たるので起きれます。

振動に慣れた時が怖いですが。。。。w

この機能は本当に素晴らしいと思いました

 

通知機能も最高

vivoactiveに限った機能ではないですが、Iphoneなどのスマホの通知を飛ばすことができます。

この通知機能、かなり最高です。

スマホをポケットや、隣の部屋、机の上等に置いて見れないときに、腕時計で通知の内容が即座に確認できます。重要な連絡なのか、そうでないのかの判断をすることができます。

携帯をいじれないような環境、(上司と2人きり、妻の大事な話中など)に即座に通知を確認できたときは、うはオレ未来に生きてるって感じますw

 

ただ!注意点としては、

通知は1分ぐらい表示されっぱなしになるので、隣にいる人に見られたりしちゃいます。飲み会の席で妻からのハートつきLineを見られたときは恥ずかしかったです。。。

通知が来るたびに時計をチェックしてたら、時間気にしてる雰囲気もして和やかじゃないので難しいところですね。。。

 

 

ちょっとしたメリット 

メリットと言うほどではないけど、良いよねって思える機能を紹介します

 

ログ取得可能なスポーツが多彩

ロードバイク、ランニング、スイミング以外にもゴルフ、SUP、スキーなどなどログがとれます。

室内トレーニング専用のコンテンツもあったりして、非常に楽

筋トレとかも追加できるみたい

この多彩さがウリのスマートウォッチなんだろうけど、私は利用用途が限られているのであまり大きなメリットではない 

 

オレ、将来いろんなスポーツやるかも!って人にはオススメ

 

日光に強い

太陽の下でスマホを使うと画面が見にくくなりますよね

vivoactiveは日光が強ければ強いほど画面が見やすくなりますw

日光の下で見るのはアクティビティや旅行ぐらいになりそうですが、

見やすくなるのは素晴らしい点

 

トップ画のカスタマイズが可能

Connect IQストアというところから、様々なトップ画をダウンロードして使えます。

私はいろいろと情報が載ってるかっこいいのにしています

f:id:yuya226:20170906092934j:plain

 

Iphoneを探すこともできる(らしい)

vivoactiveの方からIphoneを鳴らすことができる(らしい) 

私は使ったことがないのですが、Iphone探すときに便利ですね

いや、使ったことがないので紹介できるほどではないですか。。。w

 

 

惜しい点

スポーツマンにとっては最高な腕時計だと思いますが、デメリットもありますのでご紹介します。

 

バイブレーション音が大きい 

小さい構造にしたせいか、静かなところだと周りにいる人が気付くぐらい音がでます。

会議中では両隣にいる人は必ず気付くでしょう

ビジネスで打ち合わせしてるときには必ずサイレンとモードにする必要があります。

そんなときにLineの通知が大量にきたらうちあわせどころでなくなります。

バイブレーション音と小、中、大に設定できますが、小でも音が発生することには代わりはないです。 

 

パワーデータを取得できない

ロードバイクにたくさん乗っている人は持っているであろうパワーメーター

vivoactiveではパワーは表示&取り込めません。

これは非常に大きなデメリットです。

データとして残せるのは、

スピード、GPSケイデンス、心拍、高低 です。

私はまだパワーメータ持っていないですがw

非常に残念です。。。。。。。

 

充電端子が特別

vivoactive専用の充電端子です。

旅行先で充電がなくなったときに代わりがきかないのが痛いです。。

充電の持ちが良いのでその心配もあまりないですが、充電ケーブルの増えたのは痛いです

 

アクティビティ中に他の画面が見れない

これは非常に残念

アクティビティ中は、スピードや時間が表示されますが、他の画面(時計、通知チェック、天気などなど)確認することができません。

たとえばロングライドに出かけて、お昼食べてるときはアクティビティを終了するしかありません。せっかくのログが2つ3つに分かれてしまうのです。

(それかずっとつけっぱなしにするか。その時間は時計として使えません)

 

心拍転送モードという心拍センサーとして使うこともできますが、このときも同様です。

Edgeで走行ログ、vivoactiveで心拍センサーをしていると、通知とか見れません。。。。

 

これは改善を強く望みます

 

 

使って感じたこと

 その他感じたことをだらだらと

 

着け心地は慣れる

私は今まで時計すらつけて生活したことありませんでした。

初時計がvivoactiveです。

初めは、時計を着けてる違和感や、バンドと皮膚の汗や蒸れ、時計のズレなどなど細かいところまで気になってました。

3日目ぐらいからその違和感にも慣れてきて、今では違和感はほとんど感じません。

お風呂入った後にかゆくなったりするのはしょうがないですが。。。

指輪のようなもんだと思って慣れるのを待つしかないです。

 

活動量はあまり見ない

心拍とか歩数計とか、階段数とかも取ってくれる

まぁ、データためとけばなんかに使えるだろうって思うけど、まだ使い道がわからない

睡眠データから睡眠障害かどうかもわかる(らしい)けど、まだつかったことがない

それはまだまだこれからの話

 

アクセサリーは別途購入可能

当たり前っちゃ当たり前ですけどね

 

▼保護ガラス

 

▼取替えバンド

 

▼予備チャージャー

 

Moveアラートは消そう

一定時間止まっていると、"MOVE" とアラートがでます。

いや、常に運動する人なんていないでしょと思いますが、

このアラートは消すべきです

 

歩数計の画面で、右ボタン長押⇒ステップ数設定⇒Moveアラート解除

 

やっぱり時計って便利

あたりまえだけど、すぐに時間が分かるって便利

携帯をポケットから取り出す2秒ぐらいの時間だけど、それがなくなった

 

 

今思いつくのはこれくらいですね。

いろいろ書きましたが、オススメします!

もうちょっと使い込んでからまたレビューしたいと思います。