ヘルニア持ちのロードバイク記録

ヘルニア持ちのロードバイク記録

ヘルニア持ちのロードバイク乗りです。尾根幹とZwiftで主に練習してますが、活動記録を載せます。

汗対策!背中の蒸れを減らす「汗とおる君」を買ってみました

とにかく暑い夏のロードバイク

特にリュックを背負った状態で走ると、背中とリュックの間が密着して一気に熱がこもりますね。ちょっと走っただけでTシャツが汗でべしょべしょに。。。

ということでネットで「ロードバイク リュック 汗対策」と検索してみて、一番効果がありそうな「汗とおる君」を買ってみましたのでレビューします。

ネーミングセンスが良いw

 

汗とおる君 デイパックに取り付けて背中の蒸れを防ぐ

 

 

汗とおる君

一言で言うと、”リュックに取り付けられる汗の蒸れを低減させる道具”

構造は非常にシンプル

まずこれが汗とおる君

f:id:yuya226:20180718232323j:plain

素材はプラスチック?っぽい素材

非常に軽くて、力を加えると簡単に曲がります。

メッシュ構造になっているので、背中との接地面が少なくなります

 

横から見るとこう

f:id:yuya226:20180718232654j:plain

約1~2cmの隙間があります。

指が1本入るが入らないぐらいの隙間です

 

この隙間のから空気が入ってきて、背中の蒸れを抑えてくれます。

値段は2000円くらい

夏になると値上がるみたいですw

 

取り付け方

非常に簡単

汗とおる君の4つ角にあるロープをカバンに取り付けるだけ

私は普段使ってる大きめのカバンに取り付けました

f:id:yuya226:20180718234154j:plain

 

このロープを

f:id:yuya226:20180718233039j:plain

 

カバンの肩バンド部分に取り付けます

f:id:yuya226:20180718233334j:plain

 

これを4箇所留めて完成!

f:id:yuya226:20180718233323j:plain

 

横から見るとこう

f:id:yuya226:20180718233443j:plain

見た目はすごく微妙です

なんだか後から取り付けた感が半端ないです

 

ロープでしっかりと固定しているので、見た目以上にしっかりとしています。

外れるようなことはなさそうです

一般的なかばんであれば取り付けることができます。

 

 

効果

私が使用したのは、主に朝(8時)と夜(8時)の通勤13km(40~50分)

通常、夏場30度近い状況でかばんを背負ったまま走るとTシャツはべショベショになります。洗濯した後ぐらいの濡れ具合

その状況で汗とおる君を使うとその蒸れが6割ぐらいに減ります(個人的感覚)

やはり背中との接地面はあるので、そこは汗をかきます。

今までべちゃべちゃになっていたのが、しとしとになるという感覚ですw

若干汗かいてるなぁと分かる程度です

 

6割って意外に蒸れが減ってないなぁと思うかもしれませんが、

体感的には、おぉこれ効果ある!って感じれるほどです。

ただ実際はどうしても蒸れます

 

空気が通る感覚があります。

なのでべちょっという不快な感覚はなくなりました。あぁ、風通ってる気持ちい~って思えます

▼ちょっと隙間ができる(見にくいですが。。。)

f:id:yuya226:20180720001235j:plain

 

そして最初不安だったのが、擦れです。

カバンは柔らかいのでいいのですが、汗とおる君はプラスチックのような素材なので、

背中との擦れが心配でした。結果としてはそこまで気にならないです。40分ぐらいのライドでは痛いということはありませんでした。

これなら長時間ライドでも使用できそうです

 

汗が完全になくなるわけではないけど、夏場なら60%程度に抑えることができるというのが感想です。

因みに秋とか春であれば、しとしと感 > さらさら感になりそうです。

 

 

デメリット

多々ありますが、

一番のメリットはダサくなる

自転車専用のカバンならいいんですが、通勤でつかう会社用のカバンだときついです

これ付けたまま営業いけないですw(私は行きましたがw)

それに取り外しも手間がかかるので、いちいち外すのも面倒です

 

裏口ポケットが使いにくくなる

これはカバンによりますが、私のカバンは背中面のポケットがついてます

f:id:yuya226:20180720001212j:plain

当然使いにくくなります。一応使えます

 

チャックが開けにくくなる

かばんに取り付けてる紐の影響ですこし開けにくいです。

これはホントにちょっとしたデメリットですが

f:id:yuya226:20180720001528j:plain

 

 

どれもちょっとした使い勝手の問題なので、本質的な汗に関するデメリットはないように思えます。機能に偽りはないです。

 

 

その他気づいたこと

 そもそもかなり暑い状況だとどうしても汗かいちゃいますw

一部例外的な暑さの時を除いたら、もっと効果を感じれると思います。

これは使い続けてみたいです。

 

肩の汗は解決できない

これは当たり前ですが、カバンを支える肩部分はいつもどおり蒸れます

これはしょうがない

 

製品の耐久性に難あり?

この製品って分解できるようになってます。数回使った時に、自然に分解されてしまい紐がほどけてしまいました。

壊れたわけではないですが、ちょっと不便な点でした

今ははずれないように補強してます。

f:id:yuya226:20180720002004j:plain

一応耐久性は未知としておきます。

 

 

普段使いでもいけそう

ロードバイク以外に乗るときも汗とおる君を付けたままにしています。

外したり付けたりするのが面倒なだけですが、そこまで不便なく使えてます。

見た目以外はw

 

見た目が気になる方は

ドイターのバックにしましょう

効果はほとんと同じだと思いますがあちらのほうがまだ見た目は良いかとおもいます

[ドイター] リュック レースEXP エアー D3207318-3325 3325 ぺトロール×アークティック

 (こっちも似たような感じですが。。。笑)

 

 

背中の汗で困っている方

完全ではないですが、概ね背中の汗の不快感を減らすことができます。

汗とおる君 デイパックに取り付けて背中の蒸れを防ぐ

 

 あとは肩の蒸れ問題やw

 

 

伊東駅でヒルクライム 冷川峠

冷川峠走ってきました

f:id:yuya226:20180716234016j:plain

 

伊東駅から2kmほどのところにあり、なかなか走りごたえのあるヒルクライムコースでした

距離: 5.1km

獲得標高: 284m

平均勾配: 6%

ブログによって距離はまちまちでした、今回はStravaセグメント"12111 climb"を冷川峠としておきます。

▼1211 climb 【Strava】

f:id:yuya226:20180716234920j:plain

 

 

冷川峠 5.1km 16分24秒 Av298w

 

速い人なら15分 遅くても20分で走れるちょうどいいコース

ヤビツ峠だと40分近くかかるし、都内にあるちょっとした坂だと2,3分ぐらいで終わっちゃうし、10分ぐらいの坂って貴重だよなぁ

 

スタート地点は警察署

(写真ないですが。。。笑)

 

車通りは少なくて非常に走りやすかったです。

道も広く、車との間隔もありました

ただ、一部路面状況が悪くガタガタコースがあります。でも一部なのであまり気にならなかったです。

 

ゴール地点は何もないですが、本田の研修所がポツンとありました。

f:id:yuya226:20180716235332j:plain

あまり調べないで行ったのですが、明らかに頂上な雰囲気があるので、タイムアタックする人は安心して走ってください笑

 

頂上付近

f:id:yuya226:20180716235437j:plain

 

因みにここから修善寺はすぐそこ

f:id:yuya226:20180716235538j:plain

 

 

 

冷川峠はタイムアタックする人が少ないらしく、Strava上で14位になれました

嬉しい

f:id:yuya226:20180716235755j:plain

 

伊東駅からのアクセスが最高すぎてまた走りたくなるコースでした

 

 

 

 

3連休は調布~湘南~伊東まで【猛暑】

3連休終わっちゃいました。。。

早かったなぁ

 

3連休は調布~湘南~伊東まで走ってきました。

とにかく暑かった

 

▼行き

調布~伊東 128km  4:58:15 217TSS

▼帰り

伊東~調布 128km 5:05:15 201TSS

 

朝は6時台に出発

f:id:yuya226:20180716231623j:plain

朝の6時台なのに既に暑い

なぜ。。。笑

猛暑の中100km走るので、後ろにもボトルを装着してました

これは貰い物なのですが、ロングライドではかなり役立ちます

MINOURA(ミノウラ) SBH-300 ボトルケージ ホルダー

MINOURA(ミノウラ) SBH-300 ボトルケージ ホルダー

MINOURA(ミノウラ) SBH-300 ボトルケージ ホルダー

 

 こういう男心くすぐられる製品好き

 

この日は気温が35度ぐらいまで上がったらしく、途中なんども休憩しました

f:id:yuya226:20180716232224j:plain

これ暑さで死んじゃう人いるんじゃないかと本気で思うほどの猛暑

暑すぎて全くトレーニングになりません

 

どうにか熱海まで着きましたが、200wも出せないほどヘロヘロ

f:id:yuya226:20180716232445j:plain

まだ100kmぐらいしか走ってないのに。。。

そのままゆっくりと走ってどうにか目的地の伊東まで到着

 

そのままホテルに宿泊して、思いっきり体力回復しました。

f:id:yuya226:20180716232614j:plain

 

コースはこんな感じ

f:id:yuya226:20180716232650j:plain

ホントに暑くて辛かった。。。

夏はロングライド無理かも

 

 

 

真ん中日ではホテル近くの冷川峠走ったり、海で遊んだり

f:id:yuya226:20180716233050j:plain

思いっきり日焼けした3連休でした笑

 

 

 

 

今日から始まった2日間のAmazonプライムデー

特に欲しいものないけどせっかくなんで何個か買いました。

安いアクションカメラとか、会社用のシャンプーとかかばんとかプロテインとか

 

これはおもちゃ感覚で購入

Goproと2台付けで遊んでみたい

 

今までザバスと安いプロテインを混ぜて飲んでたけど、せっかくなんで他の製品も買ってみました 

 

通勤用のカバン 

毎日使ってると汗臭くなるので、2つあるといいなと思いサブ用で買いました。

 

う~ん、最近色々と小物を買いすぎてる

 

 

 

 

京都でちょこっとトレーニング【立地最高】

筑波での9時間耐久レースを終えて、その日のうちに京都に出張しに来ました。

今回の出張は3泊4日の日程なので、思いつきでロードバイクを持ってきました。

京都を走るのは初めてですが、あまりの立地の良さに感動しましたので、記事とします。

因みに今回は主に峠を3回走りました。

 

京見峠

京都のロードバイクコースといったらここでしょ(知らないけど)

いつか行ってみたいと思っていましたが、ついに行くことができました。

念のため紹介しておくと、、、

▼京見峠

距離: 3.2km

平均勾配: 6%

獲得標高: 203m

地図でいうとココらへん(左上)

f:id:yuya226:20180710172114j:plain

ここのサイトで詳しく説明されています。(京見峠以外にも京都のコースがたくさん紹介されており、非常に役立ちました。)

距離は短いのでサクッと登れます。速い人だと9分とか

私は10分ちょっとだったかな。10分間の高強度トレーニングとして使えますね。

 

道はあまり良くないです。

途中広い場所もあったりして走りやすいですが、基本的には1車線で道が狭く視界も悪いです。ヤビツ峠と比べると怖い部分があります。

▼ゴール地点の分かれ道

f:id:yuya226:20180710172637j:plain

ただ写真で見て分かる通り、自然が多く静かです。

まさに裏ヤビツみたいな感じです。個人的には京都駅から30分走ったところにこんな峠がある環境に感動を覚えました。

京都すごい

 

因みに京見峠という名前ですが、京都はほとんど見えません。残念ながら。。。。

京見峠からさらに奥に行くと、持越峠にもいけます。

持越峠は1kmぐらいの短い峠ですが、なかんか勾配がきつく走りがいのあるコースになっています。

こんなきつい勾配があったり

f:id:yuya226:20180710173233j:plain

 

私が行く直前に関西で大雨があったので、そこらじゅうで氾濫したような跡が残っていました。

f:id:yuya226:20180710173411j:plain

通行止だったり

f:id:yuya226:20180710173510j:plain

 

京見峠は距離と道の狭さは残念でしたが、アクセスと雰囲気は最高です

またそこから更に持越峠などに行けるのでなかなかいい環境ですね。

とりあえずサクッとトレーニングしたい人にはいいかも

f:id:yuya226:20180710173909j:plain

 

 

 

中越

これはたままた地図上で見つけた峠

結果としてはあまり良くなかったけど。。

▼山中越

距離: 6.1km

平均勾配: 4.5%

獲得標高: 275m

地図でいうとココらへん(右側)

f:id:yuya226:20180710174618j:plain

これについてここで詳しく説明してあります

京見峠に比べると距離が長いです。

6kmあるので非常に走りごたえがあります。

頂上は比叡山となっており、世界遺産比叡山延暦寺も行けるみたいです。

(私は仕事前のサクッとライドで行ったので比叡山延暦寺は見れなかったですが。。。)

f:id:yuya226:20180710175137j:plain

 

そのまま山中越を下ると滋賀県に行けて琵琶湖もいけます。

f:id:yuya226:20180710175207j:plain

 

ただ、山中越は非常に走りにくいという欠点があります。

京都と滋賀をつなぐ峠なので、交通量が非常に多いです。それにもかかわらず道は狭くストレスがかかるコースになっています。私も事前に調べてわかっている状態で走ったのですが、本当に走りにくかったです。。。

良いコースなだけに非常に残念でした。

私は朝に走ったのですが、滋賀から京都に仕事?に行く人が多く、帰ってくる時が大変でした。時折止まって車を先にいかせてから走るということを何度もしていましたので、なかなか疲れました。

 

こちらも大雨の影響があり、木が倒れていたり洪水になっていたりしていました。

f:id:yuya226:20180710175833j:plain

 

 

 

江文峠

最後はここ

江文峠が最高というより、その周辺が最高でした。

一応スペックと書いておくと、

江文峠

距離: 1.3km

平均勾配: 7.7%

獲得標高: 103m

地図でいうとココらへん(左上)

f:id:yuya226:20180710180343j:plain

 私は市原ってところから入って、江文峠 > 367号線から帰ってきました。

35kmぐらいの距離です。

京都駅から走ったと考えても50kmぐらいで帰ってこれそうです。

 

とにかく大自然で、道が広く、交通量が少ないという最高な環境でした。

f:id:yuya226:20180710180600j:plain

空が綺麗

 

江文峠を超えると一気に田舎の雰囲気になります。

静かで本当によかった

f:id:yuya226:20180710180818j:plain

峠自体は距離が短くあまり良いトレーニングになりませんが、最高に走りやすく私は大好きです。

 

 

京都でのトレーニング

今回は3つ合わせても100kmぐらいしか走ってません。

正直1日で回ろうと思えばこれらの峠を回ることもできます。

どの峠も京都駅から10km以内で走り始められます。

これって東京だと考えられない環境です。

東京駅から10km以内には峠なんて絶対にないし、近くの峠に行こうとしたら電車で1時間ぐらい走る必要があります。それなのに京都はすぐに峠にいけちゃう。この立地の良さにはむちゃくちゃ感動しました。

それに京都の街の雰囲気は言わずもがな最高なので、本当に住みたくなりました笑

京都最高ー!

 

 

最近気になってるアイテム

普通のカバンを蒸れなくさせるアイテム

汗とおる君 デイパックに取り付けて背中の蒸れを防ぐ

 通勤でカバンが汗だくになってしまうので、このアイテム使ってみたいなと思っています。

ドイターのレース EXP エアーも良さそうだけど、デザインと価格がネックですし。。。

 

 

【2018】9極の耐9レースに出場 4時間カテゴリで優勝!!

9極の耐9in筑波サーキット 2018に出場してきました。

耐9レースと言っても、私が出場したのは4時間カテゴリですが。。。

ただ、4時間の男子ロードの部で優勝してきましたので、レース報告します。

f:id:yuya226:20180708225344j:plain

 

レース動画公開しました。

9極の耐9in筑波サーキット4時間男子ロードの部 優勝 2018 - YouTube

 

4時間カテゴリ

9時間耐久レースがメインのレース

午前4時間、午後5時間でレースが行われるため、その前半4時間だけの男子ロードカテゴリに出場

このカテゴリはチーム戦なので会社の同僚と2人チームで出場

ちなみに出場チーム数は60チームぐらい

 

雨予報でしたが、当日はどうにか雨があがり曇り空でした。

f:id:yuya226:20180708221120j:plain

 

 

レーススタート

早めに試走を切り上げで、スタート準備

前から2列目に並んでスタートしました。

f:id:yuya226:20180708221208j:plain

筑波サーキットはとにかく広く、最高に走りやすい

落車も少なく、安心して走れます。

 

始めの1周はローリングスタート

2周目からレーススタート

プロ選手を中心に40km/hを超えるスピードで巡航

きついが、付いていける

個人的には集団のスピード上げてどんどん人を少なくしてほしいと思っていたw

ただ始めの20分ぐらいは先頭交代にほぼ入れず、付いていくのみだった。。。

これが実力の差か。。。

 

一先頭集団が分裂

20分過ぎたあたりで10人ぐらいの逃げが形成される

逃げと言うより、プロ4名ぐらいを中心にペースアップという感じ

私はその逃げの後ろにいたが、ブリッジしないで様子を伺う

f:id:yuya226:20180708222155j:plain

明らかにその後ろにいる集団がデカかったし、

前半は極力省エネで走りたいと思っていたし、

それに前の集団からは逃げようという雰囲気を感じなかった。

そのまま10名の逃げ  > 30~40m後ろにメイン集団という状態

1週、

2週、

3週、、、、

なにこれ全然差がなくならないんだけど、どうしようw

 

 

とちょっと焦っていると逃げのペースが落ちきて無事に吸収

あ~、もしかしたら逃げられるかもって心配したー

 

必死に先頭で走る

それからはプロ選手の姿もあまり見なくなり、一般参加者を中心に先頭交代をしていきます。

意識していなかったのですが、わたしも集団の前方にいたので交代に交わる

f:id:yuya226:20180708222217j:plain

ただパワー的にちょっときつめ

私のFTPは279wなんですが、55分経過したあたりで平均パワーが281w

ほぼFTP更新してるしww

心拍は160台でしたがこれでは後半脚が持たないなと思い、1時間経過した辺りで集団半ばに潜り込みました

その瞬間、

「え、なにこれむっちゃ楽。ほぼペダル回さなくても進むw」

と衝撃をうける

 

実は思ったより集団が小さくなっておらず、30人程度いる集団なのでむちゃくちゃ楽

前半頑張って前走ってたのがアホらしくなるくらい

そこから休憩を兼ねて走る

これなら交代予定の2時間まで余裕で走れるなぁ~と思っていました。そうこのときはまだ

 

なんだか違和感が。。。

集団に戻ってから30分も過ぎると平均パワーもガクッと落ちて 281w → 275w

心拍は150台

常に集団の前で引いてる人はマジつえー人だなぁと思いながら走ってましたw

 

来年の筑波では2時間程度は前を引けるように走りたい と妄想しながら走っているとなんだか自転車から違和感が。。。カーブがすごく曲がりにくい

カーブを曲がろうとすると、引きずられるような感覚

もしかして空気抜けたかな?と思ってタイヤをみるけど、パンクした様子ではない

その後も5分ぐらい走るが、やっぱり変

クイックレバーが緩くなったかな?でもしっかり締めたと思うけどなぁ。。

 

となんやかんや走っていると、先頭集団のペースアップ

「ちょっとまって~~なんか自転車変なんだけどーーー」と言いたくなる

先頭集団から8人ぐらいが飛び出した状態

あ~これやばいやつだ

ただカーブが怖くて追いつけない

というより絶対これおかしい

くそーここまできて先頭から落ちるのかよ。。。。

そして、これはスローパンクだと確信

(結局その8人くらいの逃げがそのまま先頭となり、30人ぐらいいた集団はバラバラに)

 

すぐに無線でチームメイトに交代を伝える

交代までのラスト1週はとにかく怖かったです

 

1時間40分走った時点で交代

無念。。。

 

その後

交代時のカテゴリ順位は1位

2位とは約1週差

会社の同僚が2時間20分という長い時間をを無事に走り抜いてくれて、

最後は2週差まで広げてくれてカテゴリ優勝を果たす!!

さすが安定的な走りはすごい

とにかく感謝と申し訳無さ。。。

f:id:yuya226:20180708224642j:plain

ロードバイクのレースで初めての優勝

f:id:yuya226:20180708224919j:plain

9耐レースでは恒例? シャンパンファイトまでできました笑

f:id:yuya226:20180708225130j:plain

 

結果は最高!!!

ただ、自分の担当する予定だった2時間しっかりと走れなかったことは悔いが残る。。。

それと1時間30分ぐらいで、先頭に付いて行けなくなったのが非常に悔しい

結局その時点でレースは終わってた

 

パンクとか、位置とか言い訳は腐るほどあるけど、単純に実力不足だなと思った

もうちょっと実力があれば、後半も集団前方に居れたわけだし、突発的なスピードアップにも対応できたと思う

パンクはタイヤの劣化かと思う。

調べてみると買ってから1年近く経ってた。。これも気をつけないと

スローパンクだったのは不幸中の幸い

本当にスローパンクで良かった。。。心からそう思う

 

 

次の大きな目標は富士チャレ200km

まずは完走目指してがんばります!!!!

よし、反省点も見つかった。また頑張ろう!!!

 

因みに商品は地野菜でした。

これは嬉しい

f:id:yuya226:20180708230415j:plain

持って帰るの帰るの大変だったけどw

 

また来年も出たい!!!

 

今日は尾根幹トレーニング

今日は久しぶりに会社が早く終わったので、尾根幹に行ってきました。

う~ん、最近は暑いなぁ。。。

 

尾根幹: 1:47:07 121TSS 

100TSS以上は良い

L5とL6で走ることを意識して

▼30秒毎

f:id:yuya226:20180704214626j:plain

L6は7分ぐらい走れた

 

L4領域はローラー台が良いけど、L5、L6領域は実走が良い気がする。

ローラー台でのL5、L6はかなりきつい。。。姿勢も限られるし

L5、L6は最高に弱い部分なのでどんどん強くしていきたい

 

7月中までにmccarthy specialをクリア

先月から再開したmccarthy specialトレーニング

未だこんな感じ

f:id:yuya226:20180704215634p:plain

全然クリアできない。。

L6ツラすぎる 

ツラすぎて走れないのでTSS稼げないという悪循環

う~ん、まだmccarthy specialを走り切る基礎体力がないということか

 

今週末は筑波9耐の4時間カテゴリに出場

2人チームで出場するので2時間走る予定

まずは最低限集団で走るように、バトンタッチ時に少しでもアドバンテージを得たい。

ただ、去年かなり辛かった記憶がある。。。2時間も先頭で走れるか本当に心配

まずは自分のできる限りの範囲で頑張る!

 

 

Stravaセグメント Full Wakabadaiについて【危険区域としてフラグ】

東京尾根幹のStravaセグメント "Full Wakabadai" ですが、

最近になって、危険区域としてフラグが立てられました。

 

危険区域とは?

Stravaで"Full Wakabadai"を見てみると、

f:id:yuya226:20180630223935j:plain

普通の画面に見えますが、よく見ると

 

f:id:yuya226:20180630224530j:plain

危険区域としてフラグが立てられています。

調べてみると、Strava上で危ない区間があると、危険区域として指定されるみたいです。多いのは下り坂

たしかに下り坂でタイムアタックなんかされると非常に危険ですね。。。

危険区域と報告されて、Strava上で認められるとランキングが見れなくなってしまいます。

ちょうど今日尾根幹を走ってきたのですが、そのタイムもこのように

f:id:yuya226:20180630224856j:plain

Full Wakabadaiは1km弱の5%の尾根幹で一番長い上り坂で、個人的によくタイムアタックしていた区間です。なので危険区域と指定されてしまったのは非常に残念。。。

 

確かにちょっと危険?

よくよく考えてみるとタイムアタックするにはちょっと危険なところもあります。

セグメントの前半に信号があり左折する車と接触する可能性は十分に考えられます。ただ、道は非常に広いので周りを見渡して手信号を送れば安全に渡れるような環境です。

 

それでもこの区間危険と判断されたのは理解しておく必要はあります。

 

もうこのセグメントランキングはみれない?

この区間のランキングに入るようなレベルで走れるわけではないのですが、

それでも自分のタイム更新を目標で頑張っていた時期もあった区間です。

ランキングが見れなくなるのは残念だ。。。。と落ち込んでいると?

Strava上にこのような文言が

この区間のリーダーボードを見るには、フラグが立てられた区間ウェーバーに同意してください。  

ウェーバーというのに同意するとリーダーボードがみれるとのこと

そのウェーバーというのが、これ

f:id:yuya226:20180630225915j:plain

 一通り読みましたが、”この区間は危険であること”、”この区間で起きた事故等に関してはStravaは関与しないこと”、”個人情報等が公開されることがあること”に同意すると、ランキングがみれるとのことです。

"同意"を押すと、、、

f:id:yuya226:20180630230332j:plain

ランキング表示されました。

 

 

危険な区間であるということを忘れず

よく通る区間なのでリーダーボードは見れて安心です。

ただ、気をつけて走行しなければならないということは忘れずに走行したいと思います。

気をつけよう