ヘルニア持ちのロードバイク記録

ヘルニア持ちのロードバイク記録

ヘルニア持ちのロードバイク乗りです。尾根幹とZwiftで主に練習してますが、活動記録を載せます。

自転車を1から組み立てたい欲

いつかやってみたいことの1つとして思っているのが、

ロードバイク1から組み立て」いわゆるバラ完?というやつ

 

フレームをヤフオクとかで買って、

こんなコンポーネントセットを海外通販で買ったりして

 

ところどころに好きなパーツ付けたり、なんか良いパーツないかと探したりして

コツコツと作っていきたい。

オリジナルなバイクが欲しいという気持ちもあるけど、それ以上にロードバイクを組み立てるという作業を楽しみたいw

 

男のロマン

私の父親がハーレー好きで、私が小学生の頃に夜な夜な既存のパーツをバラしては新しく組み立ててを繰り返していたんですね。1年以上かけてあるハーレーを完成させたんですが、それはもうかっこよかったですね。その時から漠然と、あぁ、将来大人になればことするんだろうなぁと考えてたりしてましたw

 

ハーレーとロードバイクじゃ組み立ての規模は違うでしょうが、ロマンは同じ

最近、自分には持て余すほどの高性能なロードバイク Madoneも手に入れましたし、前に使っていたGiant TCR SLRはローラー用になりましたし、そろそろ遊び用?のチャリにも手を出してみたい欲がでてきています。

ゆっくり時間かけてやっていこうかな~まずは他のブログ等みて研究するとことからw

f:id:yuya226:20190320085919j:plain

 

問題点があるとすれば、

個人的にはディスクにしたいけど中古フレームを買うとなると候補が少なくなる点

  • 家に置き場所が無い

外に置くのも嫌だし、会社に置こうかな

  • 組み立てる知識がないw

メンテナンスすら自転車屋さんにまかせることが多いのにいきなり組み立てるとかリスク高いw これも調べながらコツコツとやっていきたいですね

 

ざっくりと、来年中までにはやろうかなぁと思ってます。1年ぐらいかけて?

という全く思いつきの記事でしたw

 

 

ZwiftからTacx trainingに浮気した話

最近も変わらず大人気なZwift
世間ではレースが人気なんですが、私はワークアウト派w

レースの楽しさと一緒に走る高強度化は魅力的なんですが、レース時間に合わせるのが難しいためほとんど参加してないです。。。

レーニングしたいときに、好きな強度でパッと走れるのが今の生活に合っているので、当分はワークアウトメインで続けていくかと思います。

f:id:yuya226:20190318184957j:plain

 

あれ、別にZwiftじゃなくても良い?

そこで思ったのが「レースに出ないならZwiftじゃなくても良くないか?」ということ。

Zwiftって最近値上がりして月に1500円ぐらい取られるし。1年間で2万弱 だったらTraining peaks契約したほうが良さそうな

私が普段行ってるワークアウトって、SSTがメインで指定のワット数を走るだけ。特にZwiftにこだわりがあるわけでもないので、他の無料トレーニングアプリで代行できるんじゃないかと思いTacx Trainingに手を出してみました。

f:id:yuya226:20190317193454p:plain

 

Tacx Training app

Tacx neo使ってるので、それならTacxかなということでアプリダウンロードして使ってみました

詳しい使い方を紹介するほど使い込んでないのですがw

スピードやパワーなどを指定して、自分の好きなワークアウトを作成できます

f:id:yuya226:20190317193731p:plain

基本的にはパワー指定のケースが多いと思います

f:id:yuya226:20190317193913p:plain

私はSSTを作成。作成するにはIphoneのアプリ上でできなくて、PCからソフトをインストールして作る必要があります

1つデメリットがあって、指定のパワーで何分ということで作っていくのですが、自分のFTP何%という指定ができないんです (多分)  FTPがアップした場合は全てのちょっと面倒になりそう

 

実際のプレイ画面はこんな感じ

f:id:yuya226:20190317221507p:plain

心拍数、ワット数、ケイデンス、速度、トレーニング全体図

これが、時間経過とともに動いてグラフ化してくれる。グラフ自体はきれいで見やすい。

2ページ目もあってこちらは数値がメイン

f:id:yuya226:20190317221715p:plain

Zwiftの画面と比べると、こちらはかなり殺風景。まさにトレーニング向け

有料会員になると仮想サイクリング?ができるらしく、撮影した風景を進みながらトレーニングとかあるみたい。ただ、有償ならZwiftの方が良いなと思ったので試してないです。

 

Tacx TrainingとZwiftとの比較

Zwiftとの違いを少し

Tacx Trainingは、

  • 残り時間が表示されない
  • ワークアウト中にパワー変更できない
  • スキップ機能が無い (多分)
  • 達成感は少ない

基本デメリットですけどw

残り時間が表示されない

例えば5分350wとかやっていて、残り1分とか30秒とかギリギリの時にタイムを確認できないんです。。ワークアウト全体図でなんとなく残りどれくらいというのがわかるんですけど、正確な残り時間が表示されない。なんとなく終わり近いけど、いつ終わるの?と心が折れそうになる。すごく小さなことだけど、Zwiftと比べるとちょっとなぁと感じる部分

ワークアウト中にパワー変更できない

SSTレーニングと言っても調子の悪い時はちょっとパワー下げて完走したいし、調子の良いときはパワー上げたい。こういう細かなところがTacx Trainingだとできないんです。。。

 

最低限のワークアウトはTacxアプリでもできますが、Zwiftと比べるとやっぱり細かいところは行き届いてない印象。

Tacxアプリやってみるとわかるけど、コレジャナイ感がある

やっぱりZwiftは流行るだけあって、使い勝手いいんだな

f:id:yuya226:20190318184701j:plain

 

ということで、数回Tacxアプリに浮気してから、結局Zwiftに戻ってきましたw

やっぱり忘れられないよw 

f:id:yuya226:20190318184838p:plain

ということで、これからもZwiftで頑張っていきます

 

(とにかく無料でトレーニングしたい!という方はTacx アプリおすすめです。)

 

ホワイトデーはマイプロテイン追加購入 

ロードバイクに乗り始めた頃は、プロテイン飲んだり飲まなかったりと、、、

そもそもプロテインってボディビルダーが飲むものだと思っていたから、周りのサイクリストがプロテインを飲んでることに衝撃を受けて、「飲んだら体格良くなるのかな」と思い、ザバス を初購入したのが3年前ぐらい

f:id:yuya226:20190316092117j:plain

結局、体格は全く変わらずw そもそも飲む行為自体が面倒になり、2年かけても1kgすら飲みきれなかった (むしろ丁寧に棚に保管してた)のがプロテインの思い出

 

去年からプロテイン飲みまくりの生活に

それが去年7月から始めた700TSS/週を行ってから激変

週に700TSS乗ると、もう常に脚が筋肉痛。もうかれこれ半年以上続けてるけど、未だに筋肉痛になる週が多い

(これについては700TSS/週を1年やったタイミングで記事にしようかなと考えてます。)

こんだけトレーニングしてるから筋肉回復させないとという思いで、プロテインを再購入 その時流行っていた? マイプロテインを教えてもらい大量購入しましたw

f:id:yuya226:20190316092247j:plain

こんだけ買って飲まなかったらどうすんのと思いましたが、毎日筋肉痛なので飲まないと (精神上) よくない生活になったので、不要な心配でしたw

 

残りプロテインが3kg切ったので追加購入

私が体重70kgで、一日に飲むプロテインの量が60~90g (内プロテイン成分が 50~70gぐらい)  1ヶ月でざっくりと2~2.5kg消費する計算になるので、今手元にある3kgのプロテインじゃちょっと心配なんですねw 

とまぁ、こんな感じで わけのわからない不安があるので、ホワイトデーセールで安くなってたマイプロテインで追加購入しました

f:id:yuya226:20190316092956j:plain

マイプロテインっていつもセールやってて買い時わからないですが、割引35%以上だったらいつ買ってもいいかなって思ってます
今回は41%セールでしたが、35%でも40%でも数百円しかかわらないから良いかなって思ってきちゃってます。

 

今回は、初めてインスタントオーツというものを購入

f:id:yuya226:20190316093507j:plain

プロテインに混ぜて朝食代わりにしている人が多いらしく、私は朝食オートミール生活が合っていたのでこれも試してみようと買ってみました。

 

それと、今回はナチュラルバナナとナチュラルチョコレート味のプロテインを購入

やっぱりナチュラルシリーズが安定的に美味い

抹茶とかいう史上最悪の味を買った時は地獄だった

 

因みに、いろんなとこで紹介されていますがマイプロテインを買う時は、

  • 総額8500円以上で16666円以内で
  • 総量10kg以内

とすると送料か関税がかからないです

 

マイプロテインって怪しくて好奇心揺さぶる商品がたくさんあっていろいろ買いたくなっちゃいますよね。 中華系サイトみてる気分w

とりあえず到着したら楽しく消費しますw

 

Myprotein Japan

www.myprotein.jp

 

東京エンデューロ2019 レース結果は残念でも、内容は充実

(※写真大量です。)

さて今年も東京エンデューロ参加してきました。

因みに去年の記事はこちら

 

毎年、東京エンデューロは会社の仲間と参加するのでお祭り的なイベントとして、楽しく参加しています。

さらに今年からは1時間ソロが追加されたので、さらに楽しめそう? 苦しめそう?

 

東京エンデューロ 1時間ソロ

  • A組 4位 41.12 km,1:03:35,NP309w,心拍忘れ

当日は晴天。彩湖にしては風も弱めで走りやすそう

今回のレースは、コスカボで参戦

普段なら軽いRovalを使うんだけど、せっかく買ったコスカボを使わないともったいないよなぁということでこれにしました。乗り慣れると、重たさも気にならないw完全に麻痺しちゃうので、結果オーライ。なによりディープホイールは見た目が良いよね。コスカボ2019は地味だけど

 

 

そんなこんなで準備していたらレース時間

整列の時に知ったけど、今回の1時間エンデューロはA組とB組に分かれているらしく、別々でのスタート。表彰もそれぞれ上位3名らしく、AとBじゃ完全に別レース。

多分レース事故対策で分けたのだろうけど、何基準で分けたのかわからず。。。せめてスタートリスト等あればよかった。

 

さて、今回も車載動画とりました

 

スタートはパレードにしては速め? でもこれぐらいが渋滞おきなくていい感じ

1週走ってからリアルレーススタート

f:id:yuya226:20190310140039j:plain

サポートライダーとして先導していたRXが端に避けて、徐々にスピードがあがる

f:id:yuya226:20190310140243j:plain

ただ向かい風区間なので、後ろに居た私はそこまでパワーを出さずに巡航

最初の2週ぐらいは、前から20番手ぐらいを走ってました。

途中にある坂では500w前後

f:id:yuya226:20190310140629j:plain

ただ短いのでそこまで脚にくるほどでもない

冬に走った袖ヶ浦フォレストレースウェイだと、これくらいの強度が30秒ぐらい続くのでかなり辛かった

これに比べたらイケるという感触

 

折返しのスピードが出る区間で前に出ておく

f:id:yuya226:20190310141002j:plain

普通なら後ろで休む区間だけど、ここで踏んで前に位置どっておきたい

するする~と前に出ると、なんだか中切れ気味?

f:id:yuya226:20190310141155j:plain

よーくみるとかなり前方に人がいる

さすがにまだ中切れしないだろうと平然を装っていたけど、もしかしたらということもあるのでもっと前に出る

こっから更にもう一踏み

f:id:yuya226:20190310141426j:plain

意外に間が開いてるので、強く踏まないと追いつけない

 

どうにか前に追いついたけど、集団後方はインターバルがかかるのでもっと前にでる

f:id:yuya226:20190310141547j:plain

さらにもう一踏みしてやっと先頭に

f:id:yuya226:20190310141701j:plain

 

 

さてここからやっとレーススタート

とはいっても、淡々とレースが進みました。

基本的に前から5番以内に位置どって、何があっても対応できるようにしてました。

ところどころ細かいアタックがかかるけど、なかなか決まらない

f:id:yuya226:20190310142030j:plain

マチュアレースで逃げれる人って本当に尊敬する

ただ逃げができる人って明らかにその集団内で強くないとできないよなぁ。。。

 

 

そんなこと考えて走っていたら、Mさんが逃げそうな素振り 

f:id:yuya226:20190310142539j:plain

右側に小さくピンクジャージ姿が

これは傍観しちゃだめでしょということで私もかなり強く踏む

f:id:yuya226:20190310142658j:plain

悪いけど、ここはビッタリと後ろに付く

f:id:yuya226:20190310142834j:plain

ほどなくしてペースも落ち着いてまたレースは淡々と

これ以外にも細かいアタックはホントにたくさんありました。全てに反応してると脚が終わるので、ヤバそうと直感で感じたものは反応するという形でレースを進めてました。 それでも大分反応してたほうだと思うけどw

 

落車は私の周りで3回ほど?

途中ウカウカさんが先頭で落車した時はさすがに驚いた

f:id:yuya226:20190310143406j:plain

(削除希望ありましたら仰ってください)

後ろが巻き込まれなかったのは不幸中の幸いだけど、大丈夫だっただろうか

 

 

レース終了10分前ぐらい

まだ脚は余裕がありそうだったので、坂道でちょっと強めに踏んでみる

そうすると集団とちょっと差ができるので、そのまま一定のパワーで踏んでみる

決して上げすぎす、かといって下げすぎずのこり10分ちょっと踏めるパワーを考えて踏む。すると1人後ろから上がってきて、「回しましょう」と声をかけてくれたので、そのまま回す

f:id:yuya226:20190310143753j:plain

300~400wで回すも、後ろとの差はなかなか広がらず、数分したところで吸収。。。振り出しに戻る

f:id:yuya226:20190310144002j:plain

少しだったけど一緒に逃げた青い方速かったなぁ。この後の4時間エンデューロでも1時間程一緒に走ったけど、常に安定した走りだった。

 

最後

最後の坂道でウカウカチームが飛び出す。私は結構長く先頭引いていたこともあって、ここは反応せずに傍観

f:id:yuya226:20190310144350j:plain

最後のストレートで吸収して、ゴール前の位置取り

ここで人の後ろについて休んでおけば良いものの、興奮気味だった私は空気抵抗とか無視して走るw

f:id:yuya226:20190310144553j:plain

もうちょっと左に入って休もうよw

 

そして最後にスプリント

散々前で走って、無駄な走りしてた私に脚が残っておらずついて行けない

それでも最後の力を振り絞って 600wを出すw

f:id:yuya226:20190310144808j:plain

最後のスプリントMAXが600wって。。。

それほど頑張って走っていたということにしときますw

結果は4位

f:id:yuya226:20190310145030j:plain

せっかくなら3位で表彰台行きたかったけど、今回は終始先頭でレース展開ができて内容としては充実

いつも、「前で走る」と言っているけど、今回は有言実行

結果はどうあれ、頑張った。結果は次のレースで見せよう

 

最後の20分は結構強度高く走れた

f:id:yuya226:20190310145200p:plain

本当にずっと踏んでたからなぁ。パワーは十分

後は、レースに勝つための走り方をするべし。

 

 

 

 

1時間ソロ後は仲間の応援して、4時間エンデューロの後半走ったりとダラダラと過ごして1日終了~

来年も楽しみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【自転車通通再開】2019年2月のトレーニング

今日、自転車に乗ろううと着替えて外に出た瞬間に、雨が振り始めてしまったので完全休息日に切り替えw 

あぁ、乗っておきたかったなぁという気持ちもあるけど、休むことも大切だと都合良く考えておきます

ということで今日は2月トレーニングの振り返りでも

1月の振り返りはこちら

 

1月は800kmとほとんど練習していなかった。 距離が大切ではないけど、さすがに量が足りなかった月

 

2月は通勤再開&目標距離達成

2月は

  • 月間距離:1,588.9km
  • 月間走行時間:61時間 37分 
  • 月間獲得標高:13,578m

f:id:yuya226:20190303071435j:plain

おぉ、個人的にはかなり乗り込んだ2月

目標としていた1200kmも軽々クリア。1500km/月は去年の7月以来かもしれない

乗り込めた要因としては

自転車通勤を再開

訳あって1月まで休止していた片道20kmの自転車通勤を2月から再開しました。

往復40kmになるので、平日に4日乗れたとしたらそれだけで160km

電車でかかる時間と対して変わらないので、超お得。お金も節約できるしw

2月は晴日が続いたので、ほぼ毎日自転車通勤してました。

ただ、自転車通勤は単純に距離稼ぐには良いんだけど、トレーニングとして扱うには微妙。。。

この前読んだ、最速ヒルクライマー5人が教える ヒルクライムトレーニングで兼松さんが自転車通勤だけどFTP300近く達成との内容があったけど、環境によってはかなり難しい。兼松さんの場合は少し遠回りするとプチ峠があったりして、そこでインターバル連を行って強くなったみたい。ただ私みたいに東京で自転車通勤していると、近くに山や峠はなく、通勤ラッシュ時の渋滞との戦いになってきます。。。

一時期、信号時にインターバル連をやってたけど、事故が怖くなってから止めました。。。

さらに言うと、

レーニング強度でなくとも1日40km走ると微妙に疲れる

  → その後のトレーニング強度がちょっと下がる

    → なかなか回復できない状態が続く 

という悪循環になります。というより2月前半はそんな感じでした

自転車通勤に関しては考えて実践してるところもあるので、今は自転車通勤と中身のあるトレーニングの両立を目指して頑張ってます。落ち着いたら記事にでもしようかと思います。

 

SST再開

やっぱりヒルクライム速くなりたいなぁ。ということで、PWR上げるべくSST再開しました

今までそれとな~くSSTやっていたけど、本腰入れてやろうと思っています。

1~2年前は月にSST5~6回 (5時間)やれば、十分やったなぁという感じでしたが、今思うと圧倒的に量が足りない

あの時はベースがほとんどなかったので、週に1~2回のSSTでもかなり疲労度があったけど、今は少しはベースができたのでもうすこしボリュームを増やそうと思ってます

 

まず目標としてはSSTを週に2時間
内容は、SST 20分 * 2~3回を週に2~3回
これは完全に最速ヒルクライマー5人が教える ヒルクライムトレーニングの田中さんのマネですw

 

SSTのモチベーションを高めるために、Zwift用環境を整備したり

 

 

2月は環境の変化もあったりして精力的に動いてたなあ

 

3月の目標はSST10時間

SST週に2時間の4週間で8時間 プラスアルファして月に10時間

少なくとも富士ヒルまではこのペースで続けていきたい

SSTやるにはローラーが最適なので、ローラー連中心になるかと思いますが、頑張って続けていきたいです。

f:id:yuya226:20190303092755j:plain

 

【レビュー】最速ヒルクライマー5人が教える ヒルクライムトレーニング

ここ1年間でパワーメーター買って本格的にトレーニングし始めて、レースにもちょくちょく出場するようになりました。

その中で徐々に感じ始めたことは、「自分はヒルクライム脚質ではないな」ということ。ヒルクライムといっても富士ヒルしか出てないので、脚質が~とか言えることではないのですがw なんとなくそう感じ始めているのです。

しかしヒルクライムが得意ではないと言っても、ヒルクライム苦手なのでと言い訳するのは嫌で、「ヒルクライム? 苦手ですけど、一応富士ヒルゴールドです。」くらい言えたらかっこいいじゃないですか

ということで、ヒルクライム""強くなりたいので、買っちゃいました

最速ヒルクライマー5人が教える ヒルクライムトレーニング

f:id:yuya226:20190224210452j:plain

最近出版された、日本トップアマチュアヒルクライマー5名の特集本

何かレーニングのヒントが得られればなぁと思い購入しました

 

一通り読んだ感想

ヒルクライムは単純で、コツコツと中強度のトレーニングを重ねればある程度速くなるということを改めて気付かさせてくれる内容。そして、私みたいに、ある程度トレーニングしてるけどFTP4~4.5W/kgで成長が止まってる人は何かしら気づきがある内容だと感じました。

読み物として面白い部分もあり、アマチュアトップレベルの世界は単にパワー上げるだけじゃ勝てない戦いを繰り広げてる、という普段聞けない話も書いてる。次の富士ヒルとか、乗鞍のリザルトを見るのが楽しみになる。

ただパワー中心の話が多いので、完全にパワーメーター所持者向け。一応心拍の場合の話もあるけど、パワメ持ってないとこの本の魅力は激減すると思う。パワメ持ってないけど、ヒルクライム速くなりたいという方は向いてない本かも。

そして、文中に何度も「FTPは、誰でも体重の5倍を目指せる!」と書かれてます。アマチュアレーサーでFTP5倍って超一握り。それでも、自分もそこまで行けるかなって思わせてくれて、やる気が出てくる内容ではあります。

f:id:yuya226:20190224222638j:plain

まずは本に書いてることを信じてトレーニングを続けることを始めよう(再開しよう)と思いました。

 

ヒルクライマーの印象

どなたも超級レーサーなのですが、やはりそれぞれ個性がありますね

 

森本誠

いや、これホントに!?と目を疑いたくなるような内容

特に初期の頃のトレーニング内容は衝撃でした。こんなトレーニングでトップレベルになれるのかと。。。そりゃ山の神と呼ばれるよなと思いました。

この章は完全に読み物モード

あ、でも休むダンシングは改めて勉強になりました。できるかどうかは置いといてw

 

中村俊介

どうレース本番にもっていくか

個人的には3種類の10分走は是非取り入れたいと思った。

詳しくは本を見てほしいのですが、10分3本走るとしても単に均等な強度で走るのではなく、様々なシチュエーションを想定して練習しているといった内容。今までNPを高く出すトレーニングをしてた自分にとっては、有益な情報でした。

 

田中裕士

とにかくFTPを上げる

FTPを上げるためには?といった内容が中心です。富士ヒル勝った人でも、基本となるトレーニングは同じで、いかにFTP周辺の強度の時間を増やすかということが大切とのこと。まさに今の私にピッタリな内容で一番共感できましたし、やる気が出てきた。

最近の私は、TSS増やすためにL5のトレーニングが多くなってしまってました。TSS増やしてれば強くなるだろうという、目的どこ行った的なトレーニングw ただTSS (CLT)増やすだけじゃ意味なくて、どの領域で増やしたかが大切。そしてFTPあげるにはFTP周辺強度を出し続けるのが大切。 ただFTPよりちょっと高い強度だとすぐに脚が疲れちゃうので、FTPよりちょっと低い強度で長く走りましょうというのがSST

頭では理解してるんだけど、トレーニングしてるとたまに忘れちゃう。TSS上げることが目的になっちゃうから気を付けないとw

あくまでも今の私は、 速くなること > FTP上げること > SSTを行う 

というのを忘れないように

この章は定期的に読み返したい

 

兼松大和

一番人間らしい? と思ったけど、やっぱり超人かもw

自転車以外にもやりたいことはやる。それでもスキマ時間(通勤)を使って強くなれるだけ強くなったという内容。(超ざっくりすぎw)

通勤も工夫すれば良いトレーニングになるんだと認識。私は片道20kmのチャリ通してるので楽しく読めました。ただ、都内のような車と人が多い場所だと厳しいけど。。。

兼松さんみたいな人でも強くなるまで数年以上かかってるので、ある意味頑張ろうとなれる?w

この5人はみんな超人ですが、一番普通の人間に近いニオイを感じましたw

 

星野貴也

この人も天才タイプかと。。。

あまり自転車歴は長くないとのことでしたが、読んでるだけで感じる才能の塊

なんだか森本さんと同じニオイがしました。トレーニングしてたら勝てました的なニオイがw

「10分走は2本目が効く」はまさにそうですよね!という感じ。これも忘れないでおきたい。

 

 

まずは中強度トレーニングを続ける

ヒルクライム速くなりたいなら、中強度を長時間が鉄板

これを信じてやり続けるしか無い。

そもそもFTP5倍の人って、

「とりあえず走ってたら5倍になりましたよ」という天才タイプと、

「週末ロングライドとかしてたら5倍になりましたよ」という気づかないうちにL4強度でずっと走ってる天然タイプと、

「とにかくSSTやりまくって5倍にしました」という一般人タイプがあると思う。

私はどうやっても「適当にトレーニングしてたら5倍になりますよ」ということはありえないので、「とにかくSST強度やりまくり」で行こうかと思います。

(一般人と言いましたが、やり続けるのも才能でしょうけど)

これが一番近道。

なので、SSTをメインで紹介していた田中さんと兼松さんの章が自分にとってタイムリーな内容でした

 

 

富士ヒル70分切りに向けて頑張っていきます。

 

最速ヒルクライマー5人が教える ヒルクライムトレーニング

最速ヒルクライマー5人が教える ヒルクライムトレーニング

最速ヒルクライマー5人が教える ヒルクライムトレーニング

 

 

というか、ロードレース版のも出版されてるのか。読んでみたい

 ▼最強ホビーレーサー6人が教える ロードバイクトレーニング

最強ホビーレーサー6人が教える ロードバイクトレーニング

最強ホビーレーサー6人が教える ロードバイクトレーニング

 

 

久しぶりのヤビツ峠 

最近出版された、最速ヒルクライマー5人が教える ヒルクライムトレーニングを読んでから、また本格的にSSTを始めよう!と思っています

 

ということで、昨日は"超"久しぶりにヤビツ峠に行ってきました

f:id:yuya226:20190224125213j:plain

 

ヤビツは1年ぶり?

前に行ったログを見てみると、去年2018年の5月あたり?

ちょうど富士ヒル前に登ってたみたいです。

1年ぶりまでとはいかないですが、約10ヶ月ぶりぐらいですね

 

昨日のヤビツ

結果としては、

セブンイレブンからのタイムは37分43秒 と個人的にはまずます

それにしてもパワーはいい感じ、タイムはこれから上げていきたい

(36分台出てくれてもよかったんだけどねぇ~w)

 

当日は会社の仲間とファンライドの予定

ただ、前日にサイクリスト仲間の方がヤビツ峠 37分と自己ベスト更新

これはしっかりと走って、今の自分の実力測っておかないとと思い、真面目にヤビツ峠を走りました

 

序盤はゆっくり、後半あげて

ヤビツ峠セブンイレブンからスタートして、前半は4倍の280wでゆっくりと

蓑毛のバス停過ぎてから丸いガタガタ坂過ぎまでとにかく淡々と走る

スタート~蓑毛バス停:14分10秒 299w 

 

そこからは300w以上を目標に走る

出しすぎても一気に疲れちゃうので、徐々に平均的にペースを出す

ただ、久しぶりの峠で安定的にパワーを出せず、290wだったり350wだったりと不安定

300w以上はでるけど、TTではパワー上げ下げ走りができるようになりたい

最後の3分だけすこしパワーが落ちたけど、

蓑毛バス停~ゴール:23分39秒 325w

f:id:yuya226:20190224125133p:plain



そのまま裏ヤビツから下って帰りました

 

これからヒルクライムのタイムを上げていく

富士ヒルまであと4ヶ月

やっぱりヒルクライムはある程度早くなりたい。体系的に厳しい部分はあるけど、できるところまでコツコツと

まずはFTPを上げるべくL4~L5強度のトレーニングをやっていこう

今週はTSSが高くなりすぎたので、日曜日は完全レスト